「 仕事 」一覧

パールハーバーでお祈り

 

 

 いつでもどこでもお仕事が(笑)

 初めての家族そろっての海外旅行に行ってきました。

 家族旅行は何度もキャンセルになりつつ、やっとの実現。

 

 私は日常的に仕事をしているような職種(笑)なので、フライト直後から

私のpurposeはPearl Harborに決定されしまいました。(笑)

 現地のガイドさんからは混みようが半端ないのでオススメされませんでしたが、Thebassに乗っても

問題なし!スムーズにお祈りすることが出来ました。(もう当たり前的な流れです。)

 

 前日のダイヤモンドヘッドのトレッキングも「混みますよ」と言われましたが、

どこもかしこもスムーズでしっかりお祈りできますよ的な(笑)流れに感謝しかありませんでした。

 

 Pearl Harborでは、静かにひとり手を合わせ、

知っている限りのお祈りをし 気が付けば周りの人から距離を置かれ(笑)

警備の方には笑顔で歓迎されながら目的を達成できました。

大統領も変わったことだし、オバマさんの出身地でのお祈りも何かの導きなのだな~(何かわかんないけど)と

しみじみ感動に浸り、仕えるという充実感もこういう時に実感することが出来ています。

 

 祈ったからには、今後もいろんな流れを注視していこうと決意もしました。

 

 

 家族もそれぞれ楽しめたようですし、

アメリカのホームステイした経験のある子供たちは、両替もショッピングも

すべて自分たちで行い、お父さんとワイキキの通りをジョギングしたりで満喫できたようです。

 

 場所は違えど、異国で自分の日常をそのままやってみることは、

とても重要な経験になります。

 どこに居ても、誰と居ても 自分らしい時間とペーストやり方を実践できれば

自分をいか様にするかは、人や時代や環境ではなく「自分自身」なんだと分かるからです。

 

 自分の体調やフィーリングで予定を決めたり、変更したりが可能な心の

自由さも大切です。

 

 旅は(特に海外)個人個人の性格と人生のあり様が出てきます。

お互いに客観視しながら、発言行動できたことは素晴らしいものだと

今回も初めても家族旅行で多くを学ぶことが出来ました。

 

 

 まだまだ、課題も伸びしろもあります。

 

 私の仕事も家族の支えと協力があって成り立ってきました。

今後はそれぞれが個別に生活をしながら前進する時期になりましたので、

私個人もすべてにおいて、じっくりと集中して取り組める嬉しさでいっぱいです。

 

 

 4月末までは個人的な用事で皆様には大変ご迷惑おかけしております。

 お問い合わせ頂いた皆様にも、きちんと対応ができるように毎日を整えていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


仕事

 

 仕事の概念を明確にしましょう。

 

 私は日常のすべてにどう「事を成す」かが仕事と捉えています。

 

 そこから付属である

お金や人間関係やスキルや出会い 何より、自分を知るためのチャンスが

後からついてくるのだと思っています。

 

 自分を磨くトレーニングジムから脱却して、

皆さんは「自分を活かす」ことに終始していることを実感しています。

 

 次元が上がった人たちは、個人を活かし表現することは

人生の一部であると理解していますね。

 

 ですから、やっぱりよく話しますが

仕事の仕方は、その人の生き方の姿勢・生き様がきちんと出ているのです。

 

 

 

 

 

 仕事の悩みは、「仕事の質・量・人間関係」が主な要因です。

 

 次元が上がった人は、質や量に着目します。

 そして、次の段階を見据えて日頃から多くに取り組んでいます。

 いまは、そういう人たちにお話しが出来て、そういう段階に来ていてとてもうれしいです。

 

 

 一流の仕事をしている人たちが、次の段階に来ています。

 一流の生き方に向かっているので、滞りが少なくなりました。

 

 仕事で悩むのでなく、仕事は考える事というのが自然になっています。

 職場はじっと動かず悩む場所ではなく、動きながら考えることが出来る場所という事も。

 

 

 「事を成す」ということは、一個人のすべての役割に共通するスピリット。

  

 何者でもない自分をどの場面でも活かせることが、事に仕える(仕事)という事なのではないでしょうか?

 

 

 3流の仕事の仕方は、言われたことも出来ない・やらない。

 2流の仕事の仕方は、言われたことしか出来ない・言われたことしかやらない。

 1流の仕事の仕方は、言われたこと以上の仕事をし、更にもっと効率的で効果的な方法はないか?

 仕事の先を見据え、次の考慮した段取りや自分の仕事が何に誰に役立っているかを熟知してるのです。

 

 そして、1流の方々は超一流に向かうようにいろんな次元からアプローチされていますし

様々なサポートを得ているのです。

 

 

 

 一般的なお仕事でもスピリテュアル業界でも、この二極分化でグレーゾーンも出てきています。

 グレーゾーンとは、プロか?セミプロか?を問われている状況なのです。

 

 世間の評価でなく、自分がどうか?

 どういう仕事をしているか?

 事を成す時の自分はどのような状態か?

 あなたの魂は喜んでいるでしょうか。

 何をしたら、喜んでできるのでしょうか?

 

 

 自分でどういう仕事の仕方をしているのか、自分が良く知っているのですから

この記事を読んでいる1流さんたちは、もっと喜びと祝福で鼓舞しましょう~。

 社会貢献ができる「仕事場」をもっと大事に扱い、自分のキャラを活かせるように

日々豊かな自分を心がけましょう~。

 

 生きている事すべてが、実は仕事なのです。

 自分の様々な役割の時に、どういうスピリットで事を成しているか?思いっきり楽しんでくださいね。