「 メンタル 」一覧

これまで成長してきた方の歩んだ道に再度涙・・・嬉

 

 

 これまで成長してきた方や魂の進化・次元の上昇をしてきた方々の共通点は

・自分と向き合い、気づき、頑張って自己選択した。

・自分の人生は自分で作るし、周りもハッピーにしている人達でした。

 

 文字では簡単に書いてますが、お互い知っての通り

もう後押しと後戻りできないように

現実が流れたといっても良いくらい変容しましたね(笑)

 

 

 

 自分と向き合い~というのは、

大元、「失敗」という恐れからの脱却が多かったように思います。

人生の失敗をしたくない。

している人を見たくない。

・・・などなど漠然とした不安と同時に「失敗」もまた漠然とした亡霊として

人生に登場させていたのです。

 

 

 エゴはすべての恐れが素で出来ています。

 恐れから逃げる、躊躇する、拒絶する、立ち向かう、抵抗する、反発する、かわす、見ないふりをする

視界に入れない、他者に貼付したり寄越ししたりする、騒ぐ、パニックになる、噛みつく、…人はいろんなリアクションをします。

 

魂のレベルでもリアクションはいろいろですし、知性があればあるほど巧妙に立ち振る舞い

向かい合わない事も多くあります。

 

失敗しないように最初っから何もしない・行動しない。

失敗が起こりそうな空気や流れを読み、うまく避ける。

失敗をごまかす。

失敗をだれかに貼付したり、責任転嫁する。

失敗を知らんふりする。

失敗の言い訳をして回る。

 

これが大体の人に多いパターンです。

 

 

 その後、セッションでもエネルギーに変化が起きた人達・起こした人達は

まず、失敗するという前提をかき消して「行動してみる」「経験してみる」という進み方をします。

勇気をもって進んでみるという大きな経験をします。

そして、やってみたら本当は大したことは無かった・・・と実感しつつ得た感動を味わい優先します。

 

 

 そのハードルはどんどん上がるけれども、大丈夫度も上昇し

自分で考えて選択したこと・直感にも勇気をもって行動したら、もっと大丈夫だった経験もして行きます。

 

 ここから、自信と強さを得て行き

確認や確信のために学んできたのです。

 

この段階に来た方々はお分りですね。

 

次は「失敗」という言葉さえ忘れて、

「状況が良くなるために自分がすべきこと」に冷静に対応することが出来ます。

 そして、状況を変えたあとの効果や前向きなエネルギーを自分で持つことが出来ると確信します。

 悩みが悩みでなくなる訳です。

 

 最初の自分には、戻れなくなるくらい

今の自分を素晴らしく成長したことを否応なしに知る訳です。(笑)

 神々しく美しい自分の出会ってしまうのです。

 

 それから、きちんと前を向き私の目を見つめ

冷静にどうした方がベストかだけをお話ししてくれます。

 私が言う答えはなくなるわけです(笑)

もしくは、私が何か言う事が無粋さえ感じます。

 それだけ、神々しく

 小さな出来事にもきちんと向き合って暮らしていっているのです。

 

 

 私が知らない場所でも、職場でも、家でも友人たちとの空間でも

動物や植物たちとの関係でも、「自分」に尽くして存在としての自分も確かめつつ

確信へ向かう姿勢の素晴らしさ!

 

 人生に言い訳しないことは、失敗にも言い訳も逃げもしないという事のようです。

 

 

 

 毎日、出会い皆さんから多くを学ばせて頂いてします。

 マイナスからゼロ地点に戻り、プラスのエネルギーを作りながら

ゼロ地点で自分に戻る作業。

 自分はこれでいい・ここが良い

 そういう確信と自由さ、

 そして「そこに居ながら、違う次元のエネルギーで過ごしている。」

という感覚になっています。

 

 状況は刻々と変化し、周りにも掻き乱されたりします。

 良いと思った状況もすぐさま、機能しなくなります。

 違和感を感じたり、もう無いなというのは新しいエネルギーがやってくる時です。

 変容のスピードは更に増しますが、自分をいつも見失わないようモニタリングしながら

速やかに選択しましょう。

 

 

 いつも良いコンディションで最高の自分を表現できる人生の場を与えられていること。

 無理なく自分自身を発揮できる感謝とご褒美を与える事。

 もっと世の中にある喜びを見つけ出し

神々しい笑顔で居られることを、私も宇宙にリクエストし続けます。

 

 

 

 

 


やさぐれている・せせこましくなっている時

 

 進化した皆様が、やさぐれている時やせせこましくなっているな~と気がつくときって

これから多くなると思います。

 

 進化してもそうなることってあるの?と思うかもしれませんが、

成長は行きつ戻りつし熟練されることも熟知させられるのです。

 

完璧なんてありえません。

どんどん、成長します。

途中、休憩と発酵時間もあります。

 

 そして、オーラも魂の許容範囲や人としてのフィールドが大きくなればなるほど

元の大きさに戻ってしまった時に、やさぐれたり・せせこましくなった自分を感じるのです。

 時々、古い過去の自分に戻ちゃっていたりするんです!(笑)

 

 自分らしい時間や空間や環境や経験を取り戻すことが重要です。

 

 自分が喜ぶ事や解放されることを積極的に調整しないと、

自分らしくないオーラと立ち振る舞いになっちゃたりします。

 

 

 いったん、成長がでかくなると最初はうれしくなりますが

慣れると自分に忘れてしまい手を抜くので(笑)常に自分をモニタリングし、共感し

自分が楽しくなることにも責任をもって取り組むことが、忘れてはならない大事なことなのです。 

 

 完璧はありません。

 次元が上がると、楽しくなることにも責任を持つって段階になるだけなのです。

 

 楽しむことに罪悪感を持つということは、いつまでも苦行から脱しないという事。

 まじめなことは良いことです。

 ですが、くそ真面目は四面四角で体当たりしかできません。

 固いと避けれないし、(自分は正しいから)避けないないのです。

 なんと生きずらい事!

 

 ユニークさや柔軟性やゆとりを手にれることは、しなやかな強さと

互いを尊重するスキルを手に入れることになるのです。

 わざわざ、戦ったり摩擦を起こす必要が無くなる訳です。

 

 一言でいえば、楽しい人になるか?楽しめる人になれるか?なのです。

 

 

 

 目覚めた人は、楽しくなるエネルギーや喜ぶエネルギーを手に入れる事の方が

人類の新しい進化であり、それなりのいさおしが必要なのだと理解するでしょう。

 ほんと、楽しむためなのに自分にめまいがする(笑)くらい いさおしが自分にどれだけ必要か!!(笑)

心底楽しめるまでが自分との勝負でもあるのです!

 

 

 やさぐれている時

 せせこましくなっていると感じた時

 懐かしいけれど、もう要らなくなった慣れ親しんだ過去の自分モードになっただけ。

 自分の視野と行動範囲、自分にふさわしい経験を与える時期になったということ!

 頑張りすぎる自分にさよなら~

 

 

 

 さ~気が付いたら、自分に見合ったエネルギーを手に入れるために調整しましょう!

 やるべきことはやり、行くべきところには喜んで出かけましょう!

 本来の自分が自分を取り戻せる処へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感情をモニタリングする

 

 アファメーションや魔法の言葉や良い言霊でも、

発している人のエネルギーがどうかで引き寄せる効果が大きく変わります。

ていうか、ネガティブの塊でポジティブさは引き寄せられません。

 

 呪文のように唱えることはある意味、形から入る作業ですが

そろそろ、中身を埋める作業をして本質に近づくことが「自分をマスターすること」に繋がるのだと

思います。自分をマスターすることが大きな進化に繋がる第一歩です。

 

 その盲点をどうにかするために、私が提案するライフアファメーションカードは

ネガティブな部分にもアプローチしながら、魂の根源に言葉が響くよう誘導し

必要な次元とも繋がるようにしてあります。

 

 ですから、効果が無いようなネガティブさがある時は、カードに触れることも引くことにも

躊躇すると思います。そういうときこそ、寝るときに枕元に置いたり 不快な部分に乗せてリラックスすると

勝手に浄化します。

 「ただ唱えるだけでは意味がない」という発想から生まれたものではない事を

手にとった方々は実感していると思います。

 

 日常的に自分をモニタリングすること

 自分の感情をモニタリングすれば、発している言葉との差や効果が理解できると思います。

 

 その差がどうにか埋まるように作ったカードでもあるのです。

 

 どのような魔法でも、エクササイズでも、ツールでも

 自分を知った上で活用する事が何よりの効果。

 

 そして、自分の悪しき習慣が

どのようなものかも 悪因が何かも早々と理解できます。

 悪因が分かれば、自己を改善する手段も明確になります。

 感情的にならず、感情を抑え過ぎたり、猛獣のような自分を強制する作業がいかに無駄なエネルギーを

使っているかが理解できると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 ジャッジメンタル(決めつけ)や良い悪いのマインドだと、四六時中自己裁判になります。

 責められないように守護しようと「感情的」になる。

 出来ないと言ったり、あなただからできると、責任を転嫁したり

 出来ない理由で自分を美化したり・・・そういう しちめんどくさい事を

次元が上がった人たちは、本当に関心が無くなりましたね。

 

 

 何も創造しなしないことに興味が無くなるのです。

 エネルギーを下げる事柄やパーソナリティーに興味が無くなるのです。

 何をしたら自分を輝かせるのか?何ができるか?に興味が湧くので

いつも前向きでワクワクを作り出すのです。

 豊かになった証拠です。

 

 

 魂や感情が未熟な人たちは、依存や感情やエゴを駆使して生きていきます。

 光だけを糧にしか生きてくことが出来ないので、次元が上がりつつある人達や光輝ている人達に

羨望と嫉妬と比較とをしながら、やらない事出来ない事を何かのせいにして罪悪感を持たせます。

 

 

 魂や感情が未熟だからといって、高次元がそれにかかりっきりになるのも

相手に悪いカルマをさせることに繋がるので、次元が上がれば上がるほど個々が好きに生きる事を

尊重しなければなりません。個人が決める大事な人生を謳歌してもらうしかありません。

 

 高次元を生きようとしている魂は、目が覚めるような光を放つ努力をすることです。

 本当に助けるべき人は、自分を助けるモードに切り替えるプロセスを経験済みなはずですし、

それが大事だと理解しているのです。

 

 

 本質を見抜けるようにするためにも、自分の感情をモニタリングすることは重要だと思います。

 

 感情的なポイントが自分の弱み。

 弱みを否定するのでなく、共感し愛することです。

 

 

 魂も感情も熟成していきます。

 

 愛情をもって自分を手助けできるように自分に諦めないことが

人生でいう努力であり、熟成のためのエネルギーなのです。