「 2016年09月 」一覧

制限が無いということ

 

 

 

やることがある幸せ

できる事がある幸せ

 

 

 

感謝に似た感覚かもしれませんが、私たちの心は常に何かに縛られている状態です。

 

~しなきゃ!

~ねばならない

あれもこれもとか・・・

 

 

 

引いて整える。

客観的であること。

 

 

 

動ける肉体があるけれど、不自由にしているのは自分だったりするのです。

 

 

 

 

動けない時には、心や魂で空想をして自由な自分をメディテーションしたり

ビジュアライゼ―ションを鍛えることも出来ます。

 

心や魂は限りなく自由なのです。

 

 

元気で動けることの幸せなことよ・・・

 

心を慈しみ、肉体をの各部分に感謝をしながら

自分の動きや所作を見つめる事も自分を愛することになると思います。

 

 

物をとるときの所作

ダンスをしている時の手足の伸びや動き

温泉や湯舟で湯をゆっくりと腕でかくときの水抵抗

気功やヨガ、組手の指先のエネルギー

 

動きに伸びとエネルギーを感じてみてください。

 

 

宇宙や空気や地球のエナジーを自由に変えるような感覚と

エネルギーを解き放つ感覚とヒーリングのエナジーを自分から実感するはずです。

 

 

 

 

やることがあるという事

できる事があるという事

少しでもこれを思い出したら、しみじみ自分に感謝してください。

自分の肉体や気づいた心に感謝してみてください。

 

一気に満たされることでしょう。

一気に満たされる場所を感じることが出来るでしょう。

 

制限はありません。

 

与えることに制限はありません。

受け取ることさえも制限が無いのです。

 

与える時にも

受け取るときにも

感じる心があることに誇らしくいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カオスがクリアに。

 

2次元で生きていると、ずっとカオスの中で個々のエネルギーが混在します。

 

2極分化はそれぞれが自己に集中し、探求できやすいように次元の変性でもあるので

セパレートする事に意義があるのではなく、

個々を作り直し個々の世界を大切に愛すことが出来る=self love に気が付く作業でもあるのです。

 

 

「カオスをクリアーに」

 

自分を愛することが他者を愛することに直結します。

他者に働きかける事ばかりが愛ではありません。

他者に働きかける自分を客観的に見れていないなら、ゆるい逃避にもなり一生懸命な自分であると自分に思い込ませていることも

あるのです。

 

 

何をしていても、自分もともに愛に包まれているか?

 

それを俯瞰でとらえながら、作業や活動や行動として行くことが大事なのでは・・・と思います。

 

 

カオスに居る事で、自分を見失ったり自分で自分をごまかしているすることはできますが

魂に嘘はつけません。

 

 

それも含め、高次元に行く人もそうでない人も

それぞれが尊重されて「より自分をよく見なさい」というクリアーな世界に今はいるのです。

 

 

 

「自分の発想がどのようであるか?」

分析するのではなく、どう発想したいのか?魂に問いかけてください。

 

 

他者に何もしないことに恐れがある魂の人ほど、

まず、自分を無条件に愛し 恐れをリリースしなければ

他者はいつかあなたの敵になるのです。

 

 

 

自分の中のカオスをクリアーにする。

 

 

人生を複雑にしない。

 

 

 

カオスをクリアーにする。

 

 

 

 

 

 

 


ご感想

 


ダウンロードの経過の記事読みました。
その前の夜、手首に原因不明な成長痛のような痛みを感じて眠れなかったのですが、
記事を読んで、もしかしたら関係があったのかもしれないな、と少し安心しました。

調子が良くない時にちなさんのブログを拝見すると、
そういうことだったのかと思い当たることがあり、
ちなさんのブログには度々感謝しています。

今月は希望が持てないという状態に漂うことがよくあったのですが
これらもまた天気のようなもの、
やることや、やりたいことのリストを作って、
できる時はそれらに沿って動いています。

魂は心(気分)と体が整っている時、感じられやすいので、
これらを整えるのはやっぱりとても大事だなと思っています。

そして黙認という言葉を聞いて思い出したのは、
多くのことを誰かに語らずにやる、というやり方は
私に合っているのかもしれないなということです。

今までは、これをやるんだ!と意気揚々と話す友人などが羨ましかったりしたのですが、
自分の中で陰のパワー、育むパワーを培っていく環境や時間は、
行動にする時の核になるようなことだと思うのです。

この先の10月11月のことも、まったくどうなるのかわからないし、
今もほとんど希望があると言えるような状況ではありませんが、
一つ一つやりながら、自分の様子を見ていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。
 


呪縛をやめてみる

20160703_140932

 

 大人になったら、自己選択自己責任が可能になるので

さっさと自分が自分に課している呪縛をやめてみる作業も必要になります。

30代までは世間や社会にフィットすることに必死ですが、大体40代に突入すると「自分の人生、これでいいのか?」と

魂や心から考えるようになります。

 

 

生まれてきた環境やしつけ、教育、常識、世間的な空気など・・・

とりあえずは言う事を聞いてきて、やってみたけれどやっぱり魂や心が違う!と言っている人ほど

自分に課してきた呪縛をやめてみることです。

 

これって、案外 感情や不満やトラウマや潜在意識だとかなんだとか分析したり、とやかく言いますが

シンプルに「良い人達はとりあえずやってみた。」というだけで、

やめるタイミングや気づきのタイミングが

今更ながらですけど、

気がついちゃったさ~目覚めちゃったさ~と思えばいいのでは!。

 

 

習慣も無意識なので、人のせいや環境や時代のせいにもできますが

気が付いた、知恵あるものが動く・・・というシンプルな事なのです。

 

 

立ち止まって恨みつらみを言うのも飽きたら、空気の気を汚染しないように

スマートに速やかに輝かしく前進しましょう。

 

 

呪縛を許可したのは自分。

 

もう、自由です。

 

大人になれば魂の呪縛から自由に羽ばたかせことが出来るのだということ。

 

 

さあ、羽ばたく先を見据えましょう。

時々、立ち寄る先はどのくらい素敵なのでしょうか?!

 

呪縛は思い込みやがんこちゃんのマインドにもたくさんあります。

 

頑固を素直に。

思い込みな自分の思考回路を認め、この呪縛をやめるのです。

 

 

呪縛からの開放は、視界を広くし新しい境地に出会います。

 

 

 

頑固な私をさようなら

ガチガチに決めつけていた自分にさようなら

~せねば・~だからから勇気をもって卒業

 

 

 

 

 

そろそろ、本当の自分を生きことに集中しようじゃありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Life is journey

 

 Life is journey 

 

小さな声が聞こえてしまった(笑) 

そう、この数年旅を忘れてしまっていた。

そして、日常でも仕事以外は意識もシーズンオフにしていたぞ!

 

 

Life is journey

 

このサインがある時は、オープンマインド・オープンハートで居なさいということ。

日常や世間のエネルギーに悩殺されていると、あらゆる部分が閉じ始めいく。

 

 

 旅ではそういう風(オープンハート・オープンマインド)に過ごそうと決めているので、

無理もしなけれど甘やかすこともしない。

 

旅はその人の人生のあり方が出てくる。

旅では内なる葛藤はすべて自分の人生での場面場面・・・

 

 

なので、なるべく日本じゃないところを私は選んだりするけれど

これからは自分のありえない所を開拓したくて、自分じゃ選ばないであろうところへも

出かけたいと決めている。

 

後は状況が許す限り、軽やかに飛び出せれば・・・と。

手始めに動かされるのも仕事のひとつなので、全くそこは「視ないように」している。

 

 

自分のチャレンジ

理解できないものを理解できる可能性を自分から奪わないように

心でも魂でも、物理的にでも「旅」を与えるように心がけておく。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

時々、ロスやNYマンハッタン シンガポールや欧米に向かったクライアントさん達を思い出したりしています。

みんな、キラキラしていたな~。

そこでもキラキラしてるんだろうな~。

この曲を聞くたびに、挑戦ということや可能性を大事にしなければ…と思います。

(↓個人的に好きな声ですので、私とは関係ありません(笑))

 

 

 

 

 

 


ブログのご感想


知名さん、

いつもメッセージをありがとうございます。
励まされています。

最近になって、やっと自分と周囲の周波数が噛み合わないことの弊害に気がつきました。

世間の大概の人は、実証可能な真実など求めてはいないのですね! 真実というのは、おおかた 直視した時に強い痛みを伴ったり、耳が痛かったりします。

ほとんどの人は、痛みを伴った真実など求めてはいないのでした。

自分と他人を同一視してしまい、しっかり相手のありのままを見極めて対応しなかった私の脇の甘さだなぁと思いました。

 いつも裏切られた気持ちになるのは、相手を知らなさすぎるから。そして自分自身を知らなさすぎるからです。

真実を求める私はいつも「やめろよ、ブラインド上げるなよ!!部屋の全貌が見えちゃうだろ!!」となじられ、足並みを揃えない協調性のない人と蔑まれるので、

自分を責めていましたが、自分で言うのもなんですが、私ほど協調性のあって他の人の事を真剣に考えている人間もそうはいないのです(いいように利用する為に、相手は絶対そんなこと言わないし、実際気付きもしませんけどね(笑)自分たちが見たいようにしか見ないですから)。

欲しいものを貰える時は、清らかでにこやか風味の人も、自分の鉄板ネタを披露しても私が同情せず、動じない場合は豹変します。

弱者から追ぎに変貌します。

その時のエゴの目は、知名さんもおっしゃる通り、本当に凄まじいものがありますね。

罪悪感で、呑み込んで支配しようとします。その時?あぁ、これがこの人が認められない本性なんだな~。

欲望(パワー)を渇望してる姿なんだな~ 独裁者は自分が「独裁者である」と認識できるほどの客観性がないから独裁者でいられるんだな~″なんてことを考えながら、その人の(友人だったり、家族だったりするんですけど)見つめています。

なぜ私が呑み込まれないかというと、私の方が欲望とパワーの達人だからです(笑)

よっぽど今まで、酷いことをしてきました。だからこそ、光でも闇でもない、その均衡を保っているバランスこそが善ではないのかと思うようになりました。

「私の方が正しい」と言っている人、被害者意識と自己憐憫で相手を憎み、自分を「いい子いい子」している人の固定概念の匂いが臭くてたまらなくなってきました。

人が必要としているのは、自分のことを少しでも意味深く感じさせてくれる(しかも努力なしに)、美しく、心地良い(事実ではない)仮説だと思いました。

だからこそ宗教が成立します。「神は、全ての人の罪を肩代わりして下さいます」も宗教ですが、「私はあなたをこんなに愛しているわよ。

私以上にあなたを愛している人はいないわよ。だって、私があなたを生んだのですから」 も 宗教です。

 

 

 

誤解を恐れずに書くと、歪んだ母子の関係、母親絶対主義は世界の一神教の腐敗とリンクしていると私は思っていますが、

どのような世界であっても美しい仮説と事実を隔てる線はおおかたの場合、目には映りません。

その線は心の目で見るしかないのですが、見えるか見えないかは、その人が立っている次元の違いにもなると思います。

「魂の要素の一部」で知名さんが、書いて下さったことは
私にとって、本当に救いとなりました。
両親” の概念から卒業し、今は「Better Half (魂の片割れ)」の概念からも卒業しようとしています。

更に血が滲みますが、自立して自分独りで統合性を表現できるようになりたいと思いました。

「一緒でなければ、自分は完全ではない」のではなく、「自分独りで完全」であると敬意を持つことができるように。

私はやっと、自分が棲んでいる部屋が、この上なくみすぼらしいものであることを認識することができたぐらいの次元にいます。
勇気を出して光を当てて、やっと中をしっかり覗いてみたら、そこは内側からしかカギのかからない牢獄のようなものでした。

?私の王国を奪わせはしない!″と吠える女王に遠慮して

自主幽閉してきたスノーホワイト(シャーリズ・セロンの女王がめちゃ怖かった映画の方です)だったのだなぁと思います。

”どうか目覚めてください” という言葉。とても嬉しかったです。魂の目的と大いなる統合性を表現できるようになる為に、これから「さよなら」をしたいと思います。

部屋にではなく、そこにいた自分自身に向けた「さよなら」です。

まだ、生でも死でもない「サナギ」の中にいますが頑張っていきます。
(9月20日までは断末魔のしつこさとは本当にその通りでした。

長文でごめんなさい。
でも、他の場所で頑張っている人たちのことも思って書きました。

そして、知名さんいつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 


ダウンロードの経過

 

逆行中ですが様々な惑星の動きで何がどうなっているか?感覚に乱れを感じている方もいると思います。

 

その中に混じって、

次元が自動的に上がるようになっている人達も多くいます。

 

自動的にダウンロードをしているのです。

以前の記事にも,善きことを実践しましょう・・・と書いたのはこれは当たり前だけれど

自分をトリートメントしたりリセットしたりするには最適で、

特に4次元以上の方たちには

愛の実践で自分が心地よく感じるのがダイレクトだったと思われます。

 

 

そこで実践した方たちは自動的に新しい次元の要素がダウンロードされているのです。

 

思考が少しもや~んとしている。

酸欠?のような症状。

筋肉や関節の微妙な違和感や小さな痛み。(成長痛のような)

食事や嗜好の変化。(味覚や好み、胃腸の調子が鮮明)

睡眠のアンバランスや逆に良く寝る・良く目覚める。

思考がすっきりしているときとぼ~っとしている時が明確に感じる。

無駄に罪悪感を持たずに快適に過ごしている。(自分らしいと感じれる)

センシティブな方は、細胞レベルやDNAレベルでパチパチと変性している感覚を得ている感覚。

 

 

以上のような事が起きても、

自分の軸は明確で気持ちは前進したいけれど

タイミングや準備まちのような感覚になっているはずです。

 

 

ダウンロードされている自分を味わいましょう。

 

肉体の感覚は鈍っているようですが、自分の中心軸の感覚はしっかりと感じているはずです。

肉体はだるさを感じつつ、意識はすっきりすっぱりと決断できるような清々しさもあるはずです。

 

また、しばらくすると個人個人のアップデートが起こることが頻発するかもしれません。

 

 

 

まずは、自分に正直に行動してみる。

自分に正直に対処していく。

誰かに許可をもらう時間と労力はやめて、さっさと行動に移してください。

 

そういうことを淡々と進めてください。

 

 

黙認。

黙って自分を観察してください。

黙って自分に取り組んでください。 

 

今はそういう時期のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マザーアースの女神たち

https://youtu.be/hxeL-4au69I

 

 

 

 

人として生きていると「肉体」や「人生経験」や「感情」「忘却の谷で消された記憶」で、

「魂の要素の一部が何であるのか」見えずらくしています。

 

何度かセッションをし透視しながら思うのは・・・

人としての皮が何度か剥けた後に何が出てくるか?

本性ともいうでしょう・・

 

でも、それよりも深遠な光をやっと見つける時もあります。

 

 

人の中に光を見つけて手を伸ばしても、その人の感情的なエネルギーではねのけられたり

その人のエゴで湾曲された理解になったり、スルーされたり(エゴにスルーされる時の人の眼は凄いもんです)

逃げられると、私の伸ばした手も空を掴むようなモドカシさになります。

 

それでも、魂の奥底の内なる穴ぐらから手を伸ばし 何か(光)を掴もうとする魂の人たちと

私たちの間を邪魔する感情やエゴや反射的に逃避するエネルギーに、憂いつつ何か対処できる方法を

いつもいつも思考したり、宇宙に投げなけたりして解決方法を探してきました。

 

セッションをシンプルに効果的に・・・という考えですが

なかなか人は複雑で深淵な生き物です。

それに根気強く取り組む・・・・

 

この繰り返しです、

ここ最近は、マザーアースに愛され「女神」「アセンデットマスター」「聖人」「天使」のガイドや要素を持っている

人達がやっ目覚めを迎える時期になりました。

 

「その人達は動きます。」

  と静かで濃くて重量感のあるマザーアースの声を聴きました。

 

 私はここにいいます。

 貴方が見つけてください。

 貴方が見つけました。

 どれも同じではありません。

 

 メッセージの中に含まれたエネルギーの結果をこの数年で目撃できる事を

その先の糧にして取り組もうと思います。

 

 マザーアースの元に集う女神たち

どうか、目覚めてください。

どうか 、毎日をキラキラと素敵に美しく過ごし

本来のエネルギーをキープしておいてください。

どうか、自分を揺るぎもなく認めてください。

 

 勇気と決断と愛だけで一歩を踏み出せるのです。

 

 あなた方にふさわしい次元で生きましょう。

 それはどこか遠くの次元でも空想のなかでもありません。

 現実の生活の中で、女神や聖人や天使として振舞うことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トークイベント

 

やっと、やっとです!

京都でのトークイベントの際に、沖縄でもやりますか~という多くの方のお声かけがあり

焦りつつ(笑)現実時間やもろもろ調整できました!

 

 10月23日(日)14時~16時

 名護市内で開催いたします。

 

「自己再構築にやっておいた方が良いこと」

 

 

 録音・メモも可能です。

 トップページやお知らせの欄からぽちっとご確認ください。

 

 

 対面個人セッションとかぶる内容ですが、ライブ感のエネルギーもありますし

再確認やオプション的なちょっとした話も聞けると思います。

 いつも通り、2時間たっぷりお話ししながら楽しく過ごせたら・・・と考えています。

 

 では、10月お会いしましょう~!

 

 

 

 

 

 


魂の要素の一部

 

カルマばかりにとらわれていると、解消しなければ・・・という発想になるのは苦行ですが

実は物事には相反する作用があるように、

カルマと見せかけて「自分の魂の神性な一部」という側面があります。

 

 

 

上手くいかないこと

長いこと解消されない事柄

問題

なかなか手放せない(手放したいけど)しこり

 

 

一番身近な例えで言えば・・・・

 

 

 

 

 

「両親との摩擦や問題」

 

父親との確執や摩擦、問題を持っている人は「宇宙的視野で物事に取り組む」という課題があります。

宇宙の法則に乗っ取った生き方がベストだったり

宇宙規模で物事を視れる能力やアカシックレコードとアクセスできたり

宇宙規模で自分を見た方が、人生を形成しやすいことが多くあります。

 

 

母親との確執や摩擦、問題を持っている人は「地球規模で物事に取り組む」という課題。

地球に優しい生活

マザーアースとのコネクト

人類や動物植物に対しての愛の行使(スピリテュアルな理解やボランティア・奉仕・救済など)

身体に良いことに取り組み、提供すること

 

 

 

両親ともに自分とうまくいかない、いかなかったという人は、

もう自立に魂であり、「親を越している」ことを受け入れなければなりません。

どうも上下関係や年功序列、血脈だと感情が入り

自分を責めがちになりますが、「あえての成長、あえての進化」は生易しいのではありません。

 

内なる苦しみは本人たちにしか分かりえないことなのです。

 

周りの大人と呼ばれれる人で価値観や固定概念が凝り固まっていると

うお座の時代の説教や叱咤激励をされて、余計に自分を責めることになり

解決しないこころのしこりばかりが蓄積するのだと思います。

 

 

血脈ほど、生皮が剥がれるような血のにじむような成長はありません。

 

家族を見放しなさいという事では決してありません。

 

魂や心の成長です。

親から、親という概念から自立と成長と進化をする必要(カルマや進化)です。

血脈という次元からの進化。

血だけで人を愛するというレベルからも離れ、癒着や執着の解消なのです。

 

 

いつまでも親のことで悩んだり、文句を言っているようなら

早く自分の人生を生きる事です。

大人になっても、親のことでネガティブな人ほど「ネガティブな甘え」をしていることがあります。

 

沖縄の方言で「ふんでーさがっている」べったりと甘えてぶら下がっているイメージです。

「お父さんが、お母さんが・・・」とネガティブな感情があるなら、

このネガティブな癒着を止めて、ポジティブな意識に貴方のマインドを変えなくてはなりません。

「親だから・・」という概念を変え、親が知りえない世界や人生を創らなきゃいけないのだと思うのです。

 

ま~ざっくり言えば、範疇を越している自分を知るために、

依存や甘えや癒着や執着を手放す作業。

 

 

親には育ててもらった感謝をした後には、手助けができる大人になることです。

 

それ以上に「親の親になったレベル」で親を慈しみ愛することで、この関係性やカルマを克服し

オーラもエネルギーレベルも途方もなく大きくなった人たちが大勢います。

 

 

 

父親か母親か

もしくは両親か

貴方が男性なら、俯瞰で物事を視てユニバーサルに人を愛せるエネルギーがあるいうこと。

貴方が女性なら、いけとしけるものすべてを慈しみ、癒し生命力を与えるエネルギーがあるということ。

女性性男性性の両方がある人は、神様レベルで生きるということです。

 

 

 

 

問題に中に自分の可能性や魂の一部、使命が隠れています。

 

 

 

 

親がいなくても、貴方の心の中にあるエネルギーを知り活かすことが出来る。

これが魂の法則の中にあるのです。

 

 

愛を与えるとき、上下関係や階級はありません。

 

貴方が自分を誇らしく、敬意をもって扱うという経験を

親ではなく自分がする(人にやってもらうのではなく自分でできる次元の魂)ことで

元々、自立・自律した魂だと理解することができるでしょう。

 

 

 

家族だと感情的、感傷的になるでしょう。

なかなか手放させない問題と負荷やお荷物があります。

家族の数だけ、対処方法も違います。

 

貴方のタイミングで魂や心から解放され、本当の人生を歩まれることを祈っています。

 

 

これは当事者しか知りえない苦しみです。

 

 

でも、同じ問題で悩み乗り越えてきた人は多くいます。

アセンデットマスター並みの翼で羽ばたき、今も自己構築しています。

 

 

身近な事こそ、大事な要素があります。

 

 

 

貴方の魂の要素の一部が、親よりも先祖よりも

大きな使命やエネルギーを持って生まれたこと少しでも理解してくれたら・・・と思います。

 

 

父親に関する問題は、ユニバーサルに。

母親に関する問題は、グローバルに。

ユニバーサルに取り組むか?グローバルに取り組むか?

貴方の魂の可能性と行使はここにも存在するのです。