「 2017年01月 」一覧

・人のせいにしない

 

 スピリテュアルの基本。

 引き寄せの法則、エネルギーは引き寄せられています。

 類似の法則、同じエネルギーへと集合します。

 

 すべては自分のせいで物事が起こっているという深い理解をしている次元は、

そうそう、そうだった・・・と素直に思います。

 

 

 

 感情移入したり、人の責任を持ちたがる癖や他人の境界線にズカズカ入りこむ癖が

ある時点では、わかりにくいかもしれません。

 

 

 時には嫌な経験も目撃もあります。

 自分の遠く場所の出来事も対岸の火事としてとらえるか?

客観的な視点で正しい知識を得るか?身近な対処はなにか?

自分の暮らしの中で何ができるか?

 自律と自己確立が出来たうえで、

アイディアとクリエイティブさももっと必要になります。

 

 

 次元が上がると、利己的では生きていけません(笑)

 誰かも一緒にもれなく幸せに!という考えなはずですから、

「人のせい」というのは問題解決どころか、基本も知らないという事です。

 

  自分の人生の責任は自分しか取れない。

  自分以外の責任を持つことは出来ないけれど、

個々が自己責任を取れるように励ましや応援、効果的な手助けは出来ます。

 

 

 

  良いことも

  悪いことも

 自分に起こったことは自分のせいです。

 

 

 

  


・傷つけられたからと言って、いつまでもクヨクヨしない・恨まない

 誰かや何かに傷つけられたからといって、

長い時間クヨクヨしたり、恨みつらみを持つ事は魂のエネルギーを急降下させます。

 

 恨みはネガティブの最高位にあります。

 

 

 クヨクヨや恨みは下がるのは簡単ですが、次元を上げようとするとき

自分を進化させようとする時にどれだけ時間と労力が必要なことか!

 

 次元が上がっている人は、そもそも変容と進化があり

重く低い自分を経験しながら這い上がってきた魂の人達です。

もちろん、クヨクヨも恨みも過去や過去世でたっぷり嫌になるくらい(笑)

経験したのです。

 ですから、クヨクヨや恨みがどれだけ難儀でめんどくさいはよく理解していますが

同意はできません。

 私個人も恨みは一番関わりたくない事項です。

 怖いでなく、めんどくさい。

 

 

 

 クヨクヨしがちな人

 恨みつらみやっかみの多い人

 両方は全く同じです。

 劣等感と優越感がコインの裏表と言いました。

それと同じ、クヨクヨも恨みも裏表で同じエネルギーです。

 

 

 元気や気力が無いとき、悲壮感で気を引きたい(感情移入しやすい人の前)時に

クヨクヨを表現します。

 超元気で自我が強く、パワフルな人は恨み節を吐き散らかします。

 

 

 双方はその時の気力や相手を選んで表現しますが、根底に「執着」という

大きな学びがあります。

 

 

 傷つけられた時の自分をモニタリングし、なにに執着しているかを知ればいいわけです。

 人なのか?

 物なのか?

 お金なのか?

 セクシュアリティーなのか?

 虚栄心か?

 自尊心か?

 ・・・・個人の抱える問題や依存しているもの、欲しいものが執着として現れます。

 

 

 クヨクヨや恨みで、環境や空気の気を下げて地球上に蔓延さえないように

気が付いたら「しない」を実践し、自分を鑑定してください。

 

 

 執着するところが貴方の弱みです。

 

 

 


・自分以外に劣等感や優越感をもたない。

 

 自分以外の人や事柄に劣等感や優越感を持つ事は

あたりまえ・・みたいに思われているでしょう。

 

 

 でも、いつまでも甘えがあっては成長も進化も見ることは出来ません。

 

 

 

 次元があがると「だって人だもん・・」にも限界が見えてきます。

 自分や人への甘さと赦しを混同しがちです。

 

 比較し、劣等感や優越感を持つということは

「魂のエネルギーが上がったり、下がったり」と消耗激しいことを引き起こします。

 

 

 ずっと大波小波で、心も魂も消耗している感じを想像してみてください。

 

 

 劣等感も優越感もまったく同じものです。

 コインの裏表のように連動しあっています。

 

 劣等感を持っている人は、かげに優越感でいっぱいだし

優越感のある人も劣等感でいっぱいだから、比較しつづけ

自分より下を探したり、蔑んだりして元気になろうとしちゃうわけです。

 

 

 小さなことですが、小さな習慣の積み重ねも知らないうちに大きなものになります。

 

 

 ただただ、5か条は気が付いたらやらない・・と自分に宣言するだけです。

 

 比較し続ける無駄な時間とエネルギーから「違い」を受け入れるモードへと

変化が必要です。

 

 

 


・批判しない

 

まず、5か条の第一。

批判しない

 

 3次元で生きていると、「だって・でも」さんに

正当性のあるような正義感で「良くないと思うのに何もしないですか?」とか

必ず、反論されます(笑)

 

 3次元では「いい悪い」「ジャッジメンタル(決めつけ・思い込み)」で判断しているからです。

 

 

 5次元からは多様な価値観や共存・共生の中にあって、互いを尊重するとなると

生きる世界・選択する世界やエネルギーが違うと相容れない事柄もあると理解しています。

違いや理解を超えて、どうお互いを高めるか・・・そういう次元なのです。

 

 

 ネガティブな状況とか・・

 シンプルに言えば、

テロや戦争、身近にいる嫌いな人間関係、トラウマなど

どうしても感情的にエネルギーを解放したくなります。

 

我慢をしなさいという事ではありません、

ネガティブなエネルギーの人や事柄に

正しければ正しいと思う程、純粋なエネルギーで

批判=攻撃をしていることになるのです。

 

 光に近い純粋なエネルギーを、ネガティブに同調してハイオクガソリンのように

与えてしまっている・・・というのが批判のエネルギーです。

 ですから、毎日ネットやTVで朝から同じニュースを繰り返し見ているということは

その度にエネルギーが下がり、取られ、恐れを添付させられて

目の前に起こっていない恐怖を妄想したり、自分自身の土台(生活や心配事など・・)を

沸き立たせ、恐れや不安をかき立たせて現実生活で不安定さを創らされます。

 

 目についたすべてに批判をしているなら、「批判」事態をやめるように努めてください。

 

 

 道のゴミ

 TVのタレントへのぶつぶつ批判

 ネットの書き込みやサーフィン

 ネガティブな人やことへの批判

  ・・・・・・・

 

 批判意見は違います。

 

 批判は純粋な攻撃エネルギーです。

 それが次元上昇している魂のエネルギーを

ネガティブなところへ増幅させているのです。

 

 祈りが奇跡を起こすことがあります。

 それの真逆です。

 

 

 批判をしている自分に気が付いたら、

「怖いのだな」「ネガティブなエネルギーに浸かりきったな」という

客観的な気づきをもって、

ネガティブなエネルギーに触れた自分の対処方法を考えてください。

 

 まずは批判をやめてみる・・・初動訓練です。

 

 

 ネガティブなバランスのとり方か?ポジティブなバランスのとり方か?

 

 次元が上がる段階の人たちは、

「どのような場面でも自分をポジティブに変える」ように努めます。

 自己確立できている人は、どのような場面でもポジティブに自分を変換出来ている人です。

 

 

 社会や世間は時々、ネガティブな情報に翻弄されて

感染させるようになりがちですから(ネガティブなエネルギーバランス)

自分を律し、ポジティブに対処できる手段を多く持っていることが(ポジティブなエネルギーバランス)

まわりをハッピーにする手段なのです。

 

 

 まずは、批判しないこと。

 

 信頼の深い人に相談や愚痴を聞いてもらったり意見交換をすることは

大いに結構です。

 でも、次元上昇していくと

 自分のネガティブさで自分が気持ち悪くなります(笑)

 

 

 

  批判事項を思ったり・言ったり・行動してる自分に気が付いたら

批判しないしないと笑顔で切り返してください。

 絶対にそこで自己を責めることをオートマティックにしないでください。

 今度は批判した自分を批判しちゃうという癖も、ついでにやめます(笑)

 

 ネガティブなエネルギーに触れたら・・

 ネガティブなエネルギーを増強させないためにも、

 「このネガティブさは私の人生に必要ありません。」

 そう心で宣言し境界線をひいてください。

 

 

 批判するより、理解や赦しに時間とエネルギーを使いましょう。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


次元が上がる人がやってはいけないこと

 

 やっと、解禁です。(笑)

 4~5年まえから対面個人セッションでぽつぽつ話し始めて、

私のイベントや真記先生のイベントでもお伝えしてきました。

 

 「やらない5か条」

 

 ブログの内容もそうですが、

5次元以上に向かっている人にしか理解できない内容であり、

そういう方がいらしたときにお伝えするように、ガイドやその他のスピリットから

意図されて丁寧にやってきました。

 無知の知という記事にも書きましたが、知らないこと理解できない事で

人は恐怖を感じたり、生存本能(エゴ)で良くないカルマを形成することがありますが、

それを防ぐために情報を「制限される」こともあるのです。

 ということは、準備ができたのだな・・と思っています。

 

 

 ひとつ、ひとつ解説もしますが、

これまでお伝えしてきた皆さんは「復習」になります。

お伝えしてきたときに、「メモをして毎日朝晩読んで覚えてください、

目に見えるところに置いていてください。」と復唱を推奨してきました。

 

 「やらない5か条」

 

 皆さんの魂の神聖なエネルギーを消耗させ、判断力や選択肢を複雑にし

恐怖の世界で支配コントロールされやすいように仕向けている状況からの離脱になります。

 やらないことをする事で、己から神聖なエネルギーを誤って使用していることになるわけです。

 闇の世界を作り出し、より大きなエネルギーに変えてしまうので

とり捕まらないように示唆する5項目です。

 

 

 魂の神聖なエネルギーの消耗をやめて、「本来の自分に戻す」作業が

その5か条です。

 あれ?自分らしくないぞ!という気づきがあったとき、

ネガティブなエネルギーまみれになってる場合があります。

 デジタルデトックスも沈黙の行も、5か条とともに実践していただくとわかります。

 

 習熟するには難しいけれど、どんだけネガティブな影響を受けていたか

分かりますし その後も整えることが出来ます。

 

 

 魂の光エネルギーを奪う「やっていはいけない5つのこと」

 人が人でなくなる闇のエネルギーに気が付くこと

 

 すっと、心に入ってくれると嬉しいです。

 

 

 では、以下の5か条・・・

 それぞれの解説などは後々、書いていきますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 やらない5か条

 

 ・批判しない

 ・自分以外に劣等感を持たない

 ・自分以外に優越感を持たない

 ・傷つけられたからと言って、いつまでもクヨクヨしない・恨みをもたない。

 ・人のせいにしない

 

 

 

 

 

  

 

 

 


無知であること

 

 無知の知とは、「知らないことがあるという事を知っている」という事。

 

 知識や知恵だけでなく、

 自分自身を知らないという事

 多様な価値観がある事を知らないという事

 決めつけや思い込み傾向がある

 頑固なとき

 

 新しいものを受け取る余地が無いと魂の豊かさも手に入れることは難しくなります。

 

 

 

 

 人は「自分が知らないこと」や「自分にはできないと決めつけていること」が

潜在意識にあると、2通りのリアクションをします。

 

 無知の知を知っている次元では、知らないことに好奇心をもって学ぼうと動き出します。

ワクワクとしながら素直に教えを請ういます。ほんと(笑)楽しそうに!

 

 その逆では、

 知らない事やできない事柄…特に人に対して

ネガティブな自分と邪心や後ろめたさの

責任転嫁をし、「批判」や「やっかみ」をし始め

賛同者を募るように行動します。

 

 

 

 

 高次元までの経験や道のり、智慧なども含め

知らない事・理解できない事があるというのは学びの余白があるという楽しいことなのです。

 

 間違った正当性や正義感は、「無理解」「無知」から生まれるのです。

 別の考えや生き方・次元というのがあるという事実を知らないだけでなく、

自分自身の言動や行為にも気がつかないでいることも無知だと思います。

 

 

 

 

 それでも知る必要が無い時もあります。

 それは上記のような、受け取るには準備が整っていない段階です。

 

 

 

 

 私自身も通過してきました(笑)無知極まりないと今は実感しています。

 

 後で恥をかくのは自分だけれど、誰かを傷つけることは

その誰かの関わりのある人達も含むと思うとぞっとします。

何度、懺悔したでしょう!!

 今もって、知らない事盛りだくさんですが

自分に気が付いているということの重要性・・・ちょこっとご理解いただけたでしょうか?

 

 


身口意の浄化

 

 毎日のルーティーンの必須な浄化。

 

 身を清めること

 口を清めること

 意識を清めること

 

 

 再構築のイベントでも話したことは、このすべてに起因しています。

 

 

 

 身を清めることは、お風呂に入ること・衣服を清潔に保つこと・住まいや仕事環境のお掃除

オーラや場の清めだけがスピリテュアルではありません。

基本が大事。

 簡単でもちょこっとお掃除をすると心もすっきりしますよね。

 心の浄化・ネガティブとの決別・・・なんだかすべてがうまく回るような

エネルギーをも作り出しているのです。

 塩や浄化ツールばかりに頼るのでなく、もともとの身を清めずして

何を引き寄せているかを再確認が必要です。

 

 

 口を清めることは、口腔内の清潔や治療・食物のエネルギーを感じながら健康的に感謝して頂くこと・

そして自分の言葉をよく聞くこと・「沈黙」の行も大事です。

 

 沈黙は自分の頭のおしゃべりや心の声や感情も出かた、さらされているエネルギーや影響を受けているものを

知るために取り入れた方が良い習慣です。マスタークラスの先人たちは長期間設けたりしますし、

ヨガや宗教でも2週間とか日にちを決めていたりします。

 普通のひとでも3日あれば十分です。

 1日誰とも話さずに一切の外界との遮断(デジタルデトックスも)すると、とてもマインドがすっきりします。

 

 時々、自然の中で過ごしたり、リトリートに参加したりすると

今の生活での騒々しさにどれだけ消耗しているかが分かります。

 

 沈黙は・・・

 自分が何を考えどう発言しているか?それを周りにどう影響を与えているか?

何に影響を受けているか?など、すべては自分が引き寄せて循環させていることが分かります。

そう振舞いかを何度かリセットするために(自分を律し、品性を保る)沈黙の時間や期間は大事です。

 

 

 では・・・

 

 意の浄化はどうでしょうか?

 

 

 

 意識を清めることは、セージを焚いても聖水でもダイレクトに効果がありません。

ヒーリングを受けても長続きしません。

外側ではなく内側の浄化であり、あなたがしか入りえない・貴方しか知りえない場所の浄化・・・。

 

  

 「呼吸法」と「瞑想」が適切です。

 「呼吸法」では、基本的な腹式呼吸などの手技ができるようになったら、

 苦しい時、自分に重さを感じた時、感情的になっているときに

その部分に向けてデトックスするように

吸気で光のエネルギーを取り込み、重く苦しい部分に向けてそのエネルギーを送り込みます。

そして、呼気とともに吐き切るという作業を繰り返す事です。

 

考えすぎな人

ナーバスな人

感情をコントロールしたいと思う人ほど

苦しくない呼吸(自分に合った)を手に入れ、習熟することが大事です。

お金もかからないし、自分に向かう瞬発力だけが必要かもしれません(笑)

 

 

「瞑想」はいろいろあります。

 現在はマインドフルネス瞑想法が流行っていますね。

 

「自分に気がつく」という重要な学びを手に入れることが出来ます。

 

 

 無意識の自分を知る事も客観性や俯瞰でいることも

実践すればするほど深まっていきます。

 

 

 呼吸で意識を清め、瞑想で意識を高めるというセット。

 

 

 「Learn and practice」

 

 学びと実践はセットであると私は思っています。

 呼吸法と瞑想は今世でマスターするつもりで生きてください。

 

 『暮らしが大事』『日頃が大事』と何度かお伝えしています。

あまりに短すぎて見えていない暮らしの中の行為には

意味合いを深く分かることで「リチュアル」=儀式になります。

行為にエネルギー(意味のある力)を吹き込むことがリチュアルとなり

自分への大きなパワーとなるのです。

 この基本的生活が出来ていない人に、

奇跡的な素晴らしく特別な霊力(スピリテュアル的)は宿りません。

 身口意の乱れている通りの次元と結びつくだけです。

 

 

 受け手も「自分たちが選んでいるものを見極める」ことが自立です。

 選択しているものがなんであるか?

 選んだ責任をフィット感を学びの糧にして、前進してください。

 

 

 

 よく寝て、食べて、仕事をし、エネルギーを創りながらも

身口意に注視しながら日常生活に中にすべてが含まれている暮らしに感謝しながら。

 

 

 


情報過多・・・一番の答えは自分の中にある。

 

 ある程度、自分を知ることが出来ると

自分の本質に沿って生きようと模索し始めます。

 

 皆さんもこれまで

試着するように自分に合ったスピリテュアルや自己啓発や思想、暮らし方など

どんどん手にとっては確かめる作業をしてきたと思います。

 

 

 

  でも、行きついた先には・・・

 本当の答えを探すには、内側の自分に聞いてみる(感じる)ことが大事。

・・・・・と気が付いています。

 

 

 

 自信がない時

 不安な時

 ぶれてしまう時

 

 ついつい、外側の情報収集にぐるぐるしがちで

情報過多になり更にぐるぐると検索のスパイラルに入って

「何を信じていいかわからない!」と不信感でいっぱいにもします。

 

 それって、自分の感覚を置き去りにしちゃいます。

 

 自分を信じましょう。

 自分の感覚を確認しましょう(感じるように意識をもつ)

 その感覚にあった場所や出会いや経験をしましょう。

 そこでも、もっと俯瞰で自分を見つめましょう!

 自分の感覚で自分を信じた方が、迷いません!

 

 

 もっとも身近にいる「信頼できる人」からアドバイスを貰ったり、

自分が信頼する人の生き方を参考にしてる方が無理がありません。

 

 

 私自身も時々、不安に苛まれるときがあります。

でも、すぐさまそれを搔き消し「信頼しているスピリットやエネルギー」に

モードを合わせてバイブレーションをコントロールし続けています。

 

 

 高次元になればなるほど、自分の思考やエネルギーの状態に気をつけることが必要です。

 

 すべてが叶いやすいからです。

 いつも自分に注視し、なににエネルギーを使うか?

どれを選択するか?すべて信頼のおけるものにだけにしています。

 

 

 

 調子が良いときも

 調子が悪い時もあります。

 

 でも、選択をする時は

これまで信頼してきたエネルギーにだけフォーカスし、

繰り返される不安や恐れや疑心暗鬼や自信の無さから、距離を持てるように

時間とエネルギーを使いたいものですね。

 

 

 

不信感や猜疑心でいっぱいになったら

デジタルデトックスも含め、断捨離とリセット、クレンズと浄化に努めましょう。

さらされていた時間と同じくらい自分に丁寧に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


次元が上がると後戻りできません。

 

 次元が上がると、すごく心地の良い自分(バイブレーションが速く・軽やか)で居られ

不安や恐れや感傷的で居ることが苦痛にさえなっていきます。

 ですが、時折昔の自分に戻ったりして 「重みのある古さ」や「ネガティブだった部分」を

再確認させられる経験もあるはず(笑)

 これは前の自分と現在の自分のフィードバックなのですが、「成長の再確認」だと思って

「確固たる覚悟」みたいに「やっぱり、軽やかな自分で居よう」とか「これ以上重くならないように

もっと成長していく」という決意にフォーカスすればいいわけです。

 

 輪廻転生を生きたままやっているような、魂の再確認作業。

 それを修行僧でもなく、様々な人が日常で魂の進化をしているという良い時代になりました。

 

 

 でも、まだいろんな意味で「自分に気が付いていない」人も多くいます。

 その方が大多数かもしれません。

 

 TVやネットのゴシップも別次元の感覚だったり、喧騒や執着というエネルギーやワードにさえ

「重たい・・」と感じていると思います。

 

 ですが、これもネガティブな人や環境などのエネルギーに触れると、とたんに自分も影響されるのは

エンパスだったりワンネスの精神が宿った証拠で、「自分で自分を浄化する」ことも訓練と免疫力を

高める出来事だったりするのです。

 無駄にがっかりしたり、ドツボにハマらないように良く自分を観察して浄化とポジティブな行為で

神聖さを保つ工夫をしましょう。

 繰り返しやってくる、自分自身の『陰のサイクル』もよく見極めて、自己調整に切り替えて集中しましょう。

 

 

 

 他人に干渉したり、感情的になる時間も

自分が無駄に落ち込んだり、ネガティブになる暇もありません(笑)

 

 あまりに、スピードが速く下がるのが勿体ないと感じているはずです。

 

 

 

 自分が良くなることに集中し、

大きなエネルギーを保持できる底力を身につけましょう。

 浮かんだアイディア全てを日常に反映させてください。

 

 

 

 

 

 

 

 


ヒヌカン(火の神)をお下げしました。

 突然ですが・・・

 沖縄の信仰であるヒヌカン(火の神様)を満を持して下げる事にしました。(お下げしました。)

 

 今回の場合、私個人だけの所持ではなく結婚前からあったものなので

わたくしごとが終わってから追々に・・・とタイミングがやってきたこともあり

大々的にややお祭りモードとお世話になった神妙さとの感覚の中で無事に収めることになった次第です。

 

 

 沖縄的なスピリテュアルを生業とする人は

神棚や神ヒヌカンというものを所持しなくてはいけないという

しきたり?があるようで、何もわからない時に言われるままに「ねばならない」を実践してきたわけです。

 もともと、スピリテュアルを信じていなかったからなのか(笑)

「これが正当で正しい」という事に反発している自分がいる

罪悪感などもろもろ大変な作業でしたが・・・違和感半端なく続きました。

 

 仕事を通し、自分の魂も整え、きちんと仕事をしていくうちに

基本的なことはやってみたが自分とは合っていない・・という真実に出くわして

身近な人達の恐れを横目に、ひとつずつ手放していきました。

 

 

 生まれた場所やしきたりや宗教で魂は決まる時代でもないし、

情報や住む場所や価値観を変えただけで、常識が変わるのなら

真実の道は魂が知っている・・・と実感したわけです。

 

 

 神棚やヒヌカンを下げることは沈黙で行いました。

 普通、怖がるからです。

 祟りとかいってね~・・・

 それでも、自分の魂の通りに生きる事を実践しないと生きている意味がないし

私の考えるスピリテュアルではないな~と決断したのです。

 

 次元が上がると枠にとらわれることが無くなり、

スピードが速く軽やかさを増していきます。

 自分を感じることはすごく大事!

 

 そして、

 神様は重くないはず。

 

 

 そんなこんなで、

 随分前に個人的な神棚やヒヌカンは清めてお焚き上げしました。

 ガイドに修験道とか居て良かったね、と自分に言い聞かせながら。

 

 次の次元に向かって邁進しなくてはならない覚悟も真剣度も上がる訳です。

 

 

 

 

別の国や宇宙に旅ができる現代、

ネットで世界とつながる時代からすると

女だから、お母さんだから、日本人だから、神人だから、・・・とか

そういう決めつけた枠だけ(役割だけに縛られる)では、

どんどん重く緩慢になり身動きできなくなります。

 

 それぞれの役割(女性・母・人種・仕事人・友人・娘・嫁とか)で

どうスピリテュアルに生きるかということが大事なのです。

 

 

 

 

 

 スピリテュアルに生きるとは、魂に沿った生き方です。

 自分に責任を持つという事。

 それを実践し続ける先に答えがあるかも(笑)しれません。

 

 

 

 沖縄では独身OLさんも気軽にヒヌカンヒヌカンを持つ事に身近なようです。

 (逆に知らないって強みかも・・・と思ったり)

 でも、神様の対峙する場所やそういう行為の重要性も威力も知らないのだな~とも

思います。

 

 

 これまで私の意見を通して講座を開催したり、相談も受けてきました。

 

 終活と同じようにヒヌカンも忘れずに扱ってください。

 作りっぱなしでは、後のひともお困りです。

 

 

 ただの物だと扱う人もいると思いますが、

 祈りや想いが籠った物を後々、きちんと後始末できるということも

考えたうえで御仕立てしてくださいね。

 

 心の拠り所を持つことも学びのひとつですし、

 ヒヌカンも神棚も不要な生き方もあります。

 

 貴方の心に神聖さを宿し、己の神性に沿って生きる実践こそが

あらゆるものに敬意をはらいシンプルに「生きる」ことに専念できるのだとも思うのです。