「 2017年11月07日 」一覧

本日の京都

 

 

 本日も晴天。

 開館前に長蛇の列でございました。

 国宝・・・京都博物館の40分待ち、

ですが受け入れた途端に移動のスピードが速くなり、

思いのほか本物を沢山鑑賞することが叶いました。

 たまたま、お隣の列に並んだ福岡の美術館巡りの達人さんと

美術館談議で盛り上がりました。

 現在は福岡在住のようですが、時間とタイミングを見計らいお子さんや友人に

連絡を取りつつ、ご自身の興味を追求すべく旅のプランを練ってアクションを

起こし続けているとの事。

 その動きなのよ!と心で私も再確認しました。

 これぞ、豊かさの表現。

 お互いラテンです。(笑)

 すっきりさわやか鴨川

 黄金色の銀杏を見上げ、口を開けてはしゃぎます。

 紅葉は私たちに、大盤振る舞いに豊かなエネルギーを放って

潔く散っていきます。

 ただ散るのでなく、お花とは違うグラデーションで癒し花火のごとく見事です。

 自然のダイナミックさと強さと潔さ、美しさが際立つ秋が大好きです。

 

 


過去が無くなる、過去を手放す。

 

 強烈な癒しの十三夜から、あっという間に満月になり

ゆっくりと満月の面影を残しながら(笑)威圧的にこの月のエナジーは効果的に働いてくれています。

 

 毎晩、カーテンオープンで欠けていく月と瞑想。

 

 今月もこの月は、過去を癒すように過去をもっていってくれています。

 

 

 先日、自由と自立を記事にしましたが 

どんどん過去や過去の価値観と向き合い手離しから~の

「自由を手に入れますか?入れませんか?」の状況を迫られています。

 

 

 

 セッションでも話してますが、私にとっての過去と過去世は冗談になっていますし、

なりつつあるものも増加中です。

 

 それは未来に機能しないエネルギーのすべてが離れていくことに執着もないからです。

 

 人や絆は思いの中で愛として残るけど、その場面の価値観や習性は不要になります。

 手放しや断つ事、境界線やグットセパレートに抵抗する人は、残る愛のエナジーを感じることが

出来ていないのかもしれません。執着は自分も相手も自由にしないこと(=苦しい)なのですからね~

 

 執着があると過去を(もしくは栄光と思っているものでも)手離すことにヒステリーになるのは当然のこと・・

なので、セッションではやっぱり準備できている方にしか「指し示す情報」は与えられません。

聞いてなくても、録音に収めておくけど(笑)と思ったりしてますが。(次、セッションするかもわかんないからね)

 

 

 

 

  多様性や多次元やタイムラインのシフトが交錯しているこの時代の流れと

 瞬間の選択や願いで一秒先が瞬時に変わる時空間では、もはや未来を言い当てるのは不可能です。

 

 2~3年まえには、予言は機能しませんと記事にしてきました。

だけど、必要な人にはちゃんと形成されていたりしています。

 

 5次元へ足を突っ込んでいる人のレッスンは自立へと向かっているので、

そうなると自分で未来を創るレッスンになるのは当然と言えば当然。

 


 

 自由も自立も、自分を信じていないと通用しない次元です。

 そして、なにより自分を愛してこそ。

 愛してこそのやっとのスタートラインなのです。

 

 

 皆さんが今世のなかでも過去をの感情を癒し、自分を受け入れない限り

自由と自立のステージは苦しみや重さも伴います。

 荷物を降ろして、先に進むことです。

 軽やかに次元には荷物は持っていけないのです。^^

 

 

 まずは、満月からの欠けてくエネルギーの中で

見せられる自分の過去を積極的に癒してあげてください。

 

 過去を感じてもハートがぶれない人は(笑)はいはい、手放します。でいいと思います。

 

 私も毎晩、またかよ!と突っ込みをいれまくっていますから大丈夫です(笑)

 

 

 愛と感謝をもって、祝福とともに過去を手放しましょう。

 しつこく思い出したりナーバスになりそうでも、毎回感謝と愛をもって手放してください。

 だんだんと免疫がついて図太くなります・・いや(笑)強くたくましくなりますから!

 

 

 

 毎日が新しく前進しています。

 押し寄せてくる、追っかけてくる癒し忘れた過去やもっと愛が欲しい過去の出来事は

慈しみをもって抱きしめて、サヨナラしてくださいね。