御感想

ちなさん

こんばんは。
先日の<過去が無くなる、過去を手放す>の記事から
ものすごく大きな気づきをいただきました。
ありがとうございます!

「今月も、この月は過去を癒すように、過去を癒すように過去をもっていって
くれます。」

そうだったんですね~。
私ごとですが、10月~11月の初めまで、香港に長期出張に行っていました。
乱立する高層ビル、空気、水、緑、食べ物。((+_+))
月は、地上が明るすぎてはっきり見えませんでした。
闇は昼時の七難を隠してくれていましたけど(笑)

現在住んでいる宮崎に戻ってきた時にホッとしたことといったら!
人口建築物よりも何よりも、私には自然(光・水・緑)が大事だったんだ。
手間暇かけた愛情のこもった食べ物や爽やかな空気が何より大切だったことを
再確認しました。

そして、こちらに戻ってきてから
山間の田舎町で、強烈な満月が昇るのを見ました。

真っ赤で見たこともないくらい大きかった。
サバンナから昇る太陽みたいな月でした(いや、本当に( ゚Д゚))。
なんか、とっても引っかかっていたのですが

ちなさんのブログを読んで、もしかしたら
あの赤い月は月だったのではなく、
火星の面影に近かったのかも、なんて夢想しています。

なんとなく「風の谷のナウシカ」が読みたい気分になったので
早速図書館で借りてきました。上下巻で1000ページもありますが
読破しようと思います。

人や絆は思いの中で愛として残るけど、その場面の価値観や習性は
不要になります。という文章、グゥ~となりました。

いつも、いつも光をありがとうございます。
親離れも自立。子離れも自立☆