そうそう・・・そうなの!私も書かなきゃと思って時間が経つ・・(-_-;)

そうそう!そうなの!

リスペクトしていますKeikoさんのブログの記事に納得・・・というかずっと書かなきゃ!と

思っていたことが書かれてありました! 

   

  こちらをごらんください。

  世のキャンセルポリシーって、こういう事から始まっているのだと。

  軽いドタキャンはやる気を下げるし、無礼だということになるのだと思います。

  ドタキャンリピーターは、その後拒絶されることを知り得ません、気が付いた時には

 あちこちから門前払いになっているかもしれませんね。

 私も自分がイベントやセッションをする上で体験し、

自分がイベントやセッションを受ける側の時にそういうことをしなかったか?思い直したり反省したりしました。

 気づきや教えてもらう事で

もっと他でもやってしまっているのでは?」というが防げるのだと思います。

 今は少なくなりましたが、タダや金額設定が低いと「挑む側の姿勢」もそのような対応が多かったし、

何度お伝えしても失礼な人達には、今後の予約を受け付けない主旨をお伝えしている人もいます。

 それ以外にも、

 変容を伴う時には「苦しみ」や「痛み」も伴うため自分の思考の改善レッスンのために

具合が悪くなってドタキャンしたくないな~

子どもの具合が悪くなったらどうしよう・・・

仕事が急に入ったり・・・とか

 ネガティブな思考癖や不安を引き寄せるマインド癖のある人達には、

このような出来事も安易に引き寄せるというレッスンが起こることもあります。

 現に大病をされてきた方々でも、途中途中励ましながら今の思考を変えた方もいます。

 「一応、前日まで様子みましょう。キャンセルは簡単だけれど

本当に必要ならお会いするようになっているし、心配癖なら今すぐ手離して肉体を休ませて上げておいてくださいね。」と

 お伝えする方々も多くいます。

 透視できる人に不安や嘘をついてもすぐばれます。(笑)

 そして、不安が具合の悪さを引き寄せることもあります、そのパターンを変えるレッスンもあります。

 引き寄せの法則の極意!

 本当に幸せを引き寄せたい人の思考を変える!(笑)

 本当にイベントやセッションで自分を変えるか?変わるか?というもの自分のあり方、

思考のあり方!それが「自分のいつもの現実を創っている」という気づきでもあるのです。

 

具合が悪くなること、急な仕事や用事のときに

今一度、自分の覚悟や決意がどうかを見極める必要があります。

そして、やる側も自分自身のエネルギーがどうかもチェックしなくてなりません。

 「私にあう事で相手に危険であれば、その方を守ってください(受けさせないで)。」

 「私はその方にフィットしていないなら教えてください。」

 …そうやって私自身も予約を受け付てきているのです。

 主催者側のレッスンもあるし、受ける側のレッスンもあるという事なのです。

 互いがそこを真摯に学べるか?それが重要。

 誰が良い悪いという(3次元)事ではありません、この経験の繰り返しで何を学びどう対応していくか?を

突きつけられます。

 皆さんを感じ、同じように不安になったり、魂の病やエゴにはとても苦痛が伴います。

 皆さんが知り得ない情報を分析・解読・展望や未来のエネルギーを創造してやっとの

対面個人セッションだったりします。

 待つのが長ければ、ずっとそれを感じたままになるもので(笑)

相当な忍耐力も必要ですし、共感能力が高いのも疎ましく思うこともあります(笑)。

 それが個人が気付ける状況や受け入れるタイミングや器が育っていないと理解不能な時もあります。

 熟成を待つことも忍耐(笑)

 ですが、無礼は許可しません。

 ですから、セッションや占いでもなんでも「素直さ」が一番の学びになります。

 素直さは簡単に言うことを聞けばいい!というものではありません。

 自分軸でフィットすることから始めたりして、その後どう効果や変化があったか?も実感してほしいのです。

 そして、お付き合いやしがらみとか

 不安のたびに(スピリテュアル)ジプシーになるのでなく

「自分に相応しい」物や人や経験を選ぶようにしてほしいのです。

 お互いが頑張って与えて、手渡した、受け取ったものが

どう扱われるか?を考えてみてほしいと思います。

 やらない出来ないという思い込み自己肯定感の低さでは受け取ることができない状況などを

手離すレッスンの方は、(誰のでも)イベントやセッション前の自分の揺らぎも観察してください。

 甘えなのか?逃げなのか?不安なのか?フィットしていないのか?

 本当の自分に必要なのか?

 もう一度、向かい合うと良いと思います。

 自分を大事にする人は、他者にもそのように敬意をはらってくれます。

 私のポリシーとしては、

 何度もキャンセルや変更のある方やただエネルギーを欲しい(貪り)という事を繰り返す人は

イベントやセッションのすべてをお断りしています。

 優しく甘やかせるという事はしません。

 それはその方の申し込みの状況でお断りしています。

 挑む気が無ければ、私のエネルギーもガイドさんやあらゆるスピリットのサポートも

甘美なものになり、あまり意味を成さないからです。

 普通だと、これで集客が無ければ心配だと思うようですが

それなりの覚悟で仕事をし、不要ならやめることも決めています。(笑)

  キャンセルを繰り返す人も無礼な人もシンプルに手放し

 お互いを自由にするためにも「あらゆる執着」はささっと手放す事だと思います。

 これもグット・セパレート。

 しがみつきの癖がある人は動揺する話ですね。

 セッションを何度か受けられて、本質や真実に向き合わられた方々も経験していると思います。

「誰もかれもに紹介する気になれない、なぜかこの人に教えたいけれど喉から出てこない。」という経験(笑)

 必要な人が来てくれればいい。

 それに皆さんの大切なものや人や学びって、そういう風に大切に大切にしてくものだと。

 

 まあ、聞く耳もっていない時の効果の無さったら!という笑える話なのですけど(笑)

 自分の魂のエネルギーを無駄に使わず、必要な人へ・・・

 そうなると、受け取る側の厳選も必要な時も出てきます。

 そして、宇宙が引き合わせない状況にもなります。

 

 あとは、このレッスンを元に何を選択するか?無理と無駄をどう見極めるか?

 どういう姿勢で生きるかという自分のスタイルの確立化へと移行するのだろうと考えます。