まったりしてみる

   

Kaikado cafe さん

7年前に開化堂さんの茶筒を手に入れ、
それ以来、地方で美味しいお茶(大袋)をたっぷりと保存しています。

高温多湿な沖縄で乾物やお茶を保存する容器は、
錆びずに長くもつものを!と勇気をもって一個購入しました。

手の脂や熱でだんだんと様子が美しくなる茶筒をなでながら
大事なお茶を淹れるのも、一つの自己流瞑想なのです。(笑)

一保堂さんもよく行きますが、香ばしさ半端ない煎り番茶を大袋で購入。

この煎り番茶、独特な香りなのですが私はだんだんと濃くなり
コーヒーと同じくらいの落ち着き感があるので、やかんにたっぷり作って頂くこともあります。

京都の方ならお分りですよね~、時に他のお茶が飲めなくなります(笑)
(ちなみにパートナーは職業柄、抵抗感丸出ししてましたが徐々においしくなった模様)

おっと、話がそれました・・・開化堂さんのカフェに行ってきました。

ほんとにお茶をするってこういう感じですね。

静かに時間をかけてお茶をする・・・
京都はこういう建物を大事にリノベして、混ざり合いつつ新しくしていくエネルギーがあります。

おしゃれ。

古いものと融合できるセンスというのは、魂のエネルギーと似ているような気がします。

まったり、リセットしてみる。
そんな場所のひとつです。