「 行動・アクション 」一覧

パリ2日目~帰国へ

 パリ2日目は旅の前に購入しておいた、「ミュージアム・パス」で

念願の美術館巡り!地球に歩き方のサイトで購入できるのでスケジュールが届かないうちに

それだけ用意していたもの(笑)

 一般の窓口では並ぶらしいし、団体ツアーでもごった返すらしい(笑)ので

事前購入でスムーズにIN!フリーパスなので途中抜けても何度も期間中は入場できます。

 

パレ・ロワイヤル、アンバリット、オルセ―美術館・からのルーブル美術館!

 

 

 ダビンチコードを思い出します。

 

 「サモトラケのニケ」ギリシャ勝利の神ニーケー

 多くのアジア人がモナリザと一緒に自撮りしてた。

 周りにも素晴らしい絵画あるよ。

 ほんとに素晴らしい本物でおなか一杯です。

 迷子になった人もいるし、一日では巡れません(2回目)

 日本の美術館や博物館のような厳戒体制ではなく、凄く真近で絵画や彫刻に

近づけるのが、驚きで美大の学生や小さな子供たちも本物を前にデッサンやお勉強をして

素晴らしい環境なんだな・・・と感動と羨ましさで一杯になりました。

 いろんな意味で体力気力を消耗します(笑)

 

 ルーブルの西側にあるチュイルリー公園でクロワッサンを食べながら休憩しつつ

パワー全開でつぎへ!

 サン・ルイ島から古本市を巡り、ノートルダムの素敵なステンドグラスにうっとりし

 

 2017年のパリ市バケットコンクール1位のお店

「Boulangerie  Brun  」へ。

 13区にあるお店なのですが、地元の人で一杯で観光客はあまり来ない場所です。

 バゲットもクロワッサンもパン・オ・ショコラもブリオッシュも素晴らしくうまいです。

 それにmadamやmademoiselleはエクレアやタルトをすさまじくご購入されていました。

ああ~滞在が少ないことを惜しむ私ですが次なる野望と課題として持ち帰ります。m(_ _"m)

  パンは持ち帰るには無理ですが、帰りのフライトで頂くとして・・

最後の夕飯を近くのカフェで取ることに・・・

赤ワインとシーザーサラダ・・・料も味も両半端ない旨しです。(-_-;)

このときやっと予報通りの大雨に・・・カフェから眺める雨のパリも素敵です。

天気にも出会いにも行けたことにも感謝感激の旅。

 

ル・コルビュジエもパサージュも蚤の市も、まだ行けてないところや

やりたいことを次の課題(笑)次のお楽しみとして取っておきたいと思います。

 

 パリジャンのエナジーを観察しながら、地方のフランスのエネルギーも

次回は五感で感じる予定です。

 

 

 フランスでは挨拶が基本。

日本ではお店の人が「いらっしゃいませ~」というだけで

お客さんからあいさつなんて(お客様は神様だから?)見かけません。

でも、フランスではお客様から「ボンジュール」とお店の方に笑顔でご挨拶が

あたりまえで、帰る時も「メルシー」を。

 挨拶からコミュニケーションが始まり、別れ際も笑顔で挨拶して帰ることが

知らない人でも当たり前。

恥ずかしいなんていうより、礼儀として日常から身についています。

 挨拶が無いと怪訝な表情を顕わにしますしね(笑)

 

ですから、フランスでは買い物をしようがしまいが「ボンジュール」「メルシー」は

基本中の基本です。師匠から聞いていましたが、全く本当のそうでした!

 

イギリスでは素敵なご婦人は必ず、「グッド・モーニング」など必ずgoodを意識してつけたり

雨が続いても「ラブリーデイ!」とlovelyをつける事で気持ちを晴れやかにしてくれる配慮が

あったり・・・・どこでもやはり人柄かもしれませんが、ポジティブにエネルギーを

切り替えることができる人は温かく美しいです。

 

 

 

 

 沖縄に帰って半袖で記事を書いている違和感も距離感も今は感じられませんが

「己を追求する」国に行けた感動は時間を追って深まるばかりです。

 

 

 明日からの対面個人セッションもふふふ^^で頑張りたいと思います。

 


パリ市内1日目

フランスの2日目から帰国の日までは、パリ市内に滞在しました。

予定通り、「メダイ教会」へ。

 入口近くにいらっしゃったシスターに促されて教会の中に入ったとたん・・・

盛大なミサが始まりました。

 画像はミサ終了後なのですが、次々に信者で埋め尽くされていき厳かな

祈りや信仰の様に圧倒されました。

 小さなお子さんの洗礼を受けにやってきたお母さんも数名。

 エコーがかかる教会で「Salut!Salut!~」サル~サル~(やあ!やあ!)という

ちびっこに微笑んで見守る大人たち・・。

 

 優しい・・・

 フランスに来てからどこかしこでも、子供を大事にする大人たちの

行動にウルウル。特にお母さんの子供に対するまなざしは常に同じ目線

しっかりと顔を近づけ、子供からの質問や言葉にすべて笑顔で対応し

周りも一緒になって大切に扱う姿が美しく感動しました。

ヨーロッパでは乗り物や階段などベビーカー(車いすなど)をひょいっと

みんなで持ち上げたりしてスマートに手助ける姿を良く目撃します。

席を譲ったりするのも自然に行っています。

そういう事を自然に教わったり、見聞きしているのを目の当たりにして

毎回勉強になります。

実際、私も外国での旅の中で習得したようなもので

上手く手助けできたり、席を譲れることも習熟だったりします(笑)

 

違いから学ぶことも多く、言語も習慣も何もかもが恥をかき

悔しい想いをしてやっと会得しているようなもんです。

 

何処に居ても私は私。

そのように振舞うかだけなのですよね。

 

ですが、お母さんたちがみんな大好きなジェーンバーキンにしか見えないのは

どういう事だろう(笑)好きすぎて仕方ないから思い込んでるのかも(笑)

 

 神々しい太陽のビトン。

 太陽のシンボルをよく目にするパリの旅・・・(-_-;)

 ブランド品に興味が無いのでシャンゼリゼも素通り・・・

 っていうか、花市場などや公園を散策。

 年取ると好みも変わる・・・人は変わるもんです。

 寒いはずのパリで汗をかいて歩き回るとは、思いもよらない(笑)出来事。

しからば、カフェでしょ!

 サンジェルマン教会の真向かい、パリの名所文学カフェ「レ・ドゥー・マゴ」へ

旅の2日前に師匠からのアドバイス通り、小さなメモにはフランス語を用意!

屋根付きのテラス(サンテラス)席で一杯のフレンチビールを頂く。

もう、太陽ガンガンで日向ぼっこではなく(笑)完全にのどを潤す状態でおかわりも!

 

 片言英語や片言フランス語で「貴方なに人?」と良く聞かれました。(笑)

 どれも中途半端だけど、フランス語だと皆さん親切に対応してくれます、

発音も直してくれたり(笑)

 

 メトロではきちんとあからさまに差別的なことも受けました。

何処の国とは言いませんが、「お前○○人か?」と鼻をつまむような仕草をする

中年おじさんもいました。「Je suis japonais! 」(私は日本人です)というと

「Pardon! madame・・。」と席を離れていきました。○○人に謝れよ~という言葉は

でませんでしたが、やっぱりどこに居てもなに人でも「自分」という存在を尊ぶことは

姿勢として常に大事!だと思いました。

 正々堂々と生きる、生きている姿勢は日常の自分の扱い方で出来上がるのだと思うと

日々大事、自分を愛すること大事!とこういう時に実感します。

 

 それにしてもメトロは東京23区よりも小さいので使いやすいし

元気があればサクサク進めます!

 泥棒もスリもひやかしも多いパリですが、背筋を伸ばしながらも

優雅に人生を楽しむ(特に自分自身のフォーカスするエネルギー)は勉強になります。

 

 

 でで~~んと!エッフェル塔!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フランスから帰国しました。

 

 モンサンミッシェル・パリへの旅から帰国いたしました。

 フランスは再来年も予定していましたが、急遽思い立って(何度も御呼ばれして)

3週間前くらいに検索し、やっと条件の叶うツアーに入り込むことができました。

 モンサンミシェル1泊以外は個人行動。^^

 

 パリは可能な限り出歩くようにしつつ、覚えたてのフランス語でコミュニケーションに

トライしたり、相変わらずマイペースに旅を楽しんできました。

 (朝の8時過ぎに日の出、夕方にはすっかり暗くなるというタイムリミット!)

 

 今回はミカエルに呼ばれて行ったようなもので、初日からお天気も

気温も何もかも問題なく、というかスムーズ過ぎたうえに

何処に居ても違和感なく、初めて見るものにも違和感なく(笑)

やっぱりただいまみたいな感じでした。

 

 クライアントさん達が回ったであろう道のりにも感謝をしながら、

ミカエルへも愛と感謝と畏敬の念をもって、道しるべを指し示してもらいました。

 

 実は3年前から対面個人セッションの時は、ミカエルがサポートしてくれていて

だいぶ力強く仕事が出来ています。

 モンサンミッシェルに来ても、沖縄や京都にいてもミカエルはともにいるのだな~と

再認識しました。

 更にもうひとつ、

イギリスのマウントマイケルとの繋がりを再構築するための旅でもあったので、

逆にパワー満載に出迎えられてちょっと引いたくらいです(笑)

 

 この旅の間はずっと雨の予報だったようです。

 気温は7℃くらい。

 

 

 モンサンミッシェルに向かう間は太陽に追いかけられるように進み・・

じゃじゃ~ん モンサンミッシェルに到着!

てっぺんにいるミカエルの頭上にゲートのようなものが開いて?

 天使か女神が右へ向かって飛んでいるようでした・・・。

 

 

 来ちゃったよ・・・そんな感じが私の感想です(-_-;)

 

 さまざまな歴史に躍らされたモンサンミッシェル。

 メイン(grand Rue)の通りは工事中でしたが、内部では古いエネルギーがまだ残っていて

その都度確認しながら内部を巡り、新しく未来で使われようとする状況も

透視したり他国とは言えども変容していく様を映画のように鑑賞したという

感じです。

 

 金ぴかのミカエルの後ろ姿。7メートルくらいあるらしい・・・

 金ぴかミカエルのレプリカがこちら。

 

 私のサポートをしてくださるミカエルは羽がデカ過ぎて

視界には入らないし、ばっさばっさと羽根の音や風を感じたりします。

 

 3度目の正直(笑) 

708年10月のある夜、司教であったオベールの夢に大天使ミカエルが現われ、修道院を建てるよう告げたことから、モン・サン・ミッシェルの長い歴史が始まりました。

 夢枕に立ったミカエルのお告げを信じなかったオベールさん。

 三度の目の正直で、ならば!とミカエルがオベールの額に親指を押し付けた

痛みで信じたらしい・・・分かるよ、オベールさん。と私は大共感

 

 押したり押されたりしているどちらの感じも共感です。

 

 ちなみに宿泊先はオベールさんの名前のホテル(笑)

「LE Saint Aubert 」部屋の鍵がクルクル回って開かないアクシデント多しの

ホテルでした。(笑)それ以外は快適ですが、夜はスタッフは誰もいません。

 

 お夕飯は、ホテルお隣のレストラン。

 ご存じ小さいバージョンのオムレツ。(味無しですよ)

 

 フランスはどこに行っても、パン・ワイン・チーズ・バターに外れナシ!

 今まで食べたり飲んでいたものはなんなんだ!というくらいカジュアルで

エネルギー満載!クロワッサンなんて、いくらでも食べれるくらい軽い!が

一個で満足するくらい嘘がないエネルギーなのです。

 材料がいいからね~とノルマンディーの空気を吸い込みながら実感しました。

 

 モンサンミッシェルは己の本質やフォーカスすべきことにエネルギーを

与えてくれる場所です。自分がもっと自分に向き合い真摯でいるともっと

本当の自分に出会える場所でもあります。

 聖地に行くとすべてが変わるとお思いでしょうが、感じたり向き合ったりしていないと

自分の起こる変化も分かりません。

 個人差はあれど、当日や3日後にエネルギーが変わるのが聖地のエネルギーです。

 

 自己卑下や逆に自己憐憫ばかりだと、自分の起こる変化など見過ごします。

 常に畏敬の念と敬意をもって、いろんな場所にお出かけください。

 そして、じっくりと感じましょう。

 それが答へと導くからです。

 

 モンサンミッシェルへの旅は大潮の時期がお勧めです。

 そして、夜の夜景や早朝の日の出などのんびりできる旅が充実した

エネルギー充電となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何事も節度

 

  「何事も節度」

 

  私が受け取る自分へのメッセージはいつもこのような短いものですが、

 その言葉の中にエネルギーや情景(ビジョン)や触覚(寒暖・重い軽い)や

聴覚的な心地よさ(周波数)など、短い中にものすごい情報を分析しながら

セッションやブログではお伝えしています。

 

  そのような場面で節度が必要かは、人それぞれ・・・

 個別にセッションをするのはそういう細かな事をエネルギーワークするからです。

 

 

 

 

 

  節度っていうのも進化します。

 

  作用だけでなく、質感も変容します。

 

 

 

 

 

  

  

 


小さな変化をつける。

 

 変容には大きなものや小さなものがあります。

 

 時間が無い、お金がないというのもマインドの決めつけであったりするのですが、

本当は怖くて動かない理由(エゴ)ばかりなんです(笑)

 

 でも、動かなくても私個人にはどうでもいいこと。

 個人差やタイミング、相手を尊重する(リスペクト)という事の実践なのですから

どの選択でも構いませんし、「誰の人生だよ!」っていうのもありなので、

やってもやらなくても自由。(行動の法則)

 

 問題は、人生は常に変容し流れているということ。(変容の法則)

それに、それぞれのエネルギーや価値観でステージや次元・環境が作られたりするので

同じ空間や時間を共有できない(類似の法則)。

 これまで経験していると思いますが、過去の友人とも家族とも合わなくなり

自然に住む環境も価値観もエネルギーにも相違が出てきているはずです。

 

 良い悪いではなく、優劣でもありません。

 違いを学んだだけです。

 でも、「自分を生きる」という段階が次にあるので、これまで自分を止めていたものに

再度見直しが必要だし、見直して乗り越えるという作業を繰り返して

「自分になる。」というプロセスへと移行するのです。

 

 

 

 自分らしくないと人生、困難だらけ。

 

 

 変容や変化さえも拒んでいると、なりたい自分もわからずに悶々と人生を歩んだり

いつも何かに振り回されている(頭の中はモヤモヤ?思考が明瞭ではない、すっきりしない寝起きみたいな)

人生となります。

 

 

 なんでも、自分から変えなきゃ。

 

 

 

 では、ほんと時間もないしお金もないし、体調が思わしくないとか、運気が低迷したり

ストップが掛かる時期もある。

それから(笑)怖くて大きなことができない!(小さくてやらない)という時や次元の方もいると思うので、

セッションやイベントでも話していること(特に小さなことだと思って気にも留めていないアドバイス)

を実践してください。

 

 具体的に言えば、模様替えやお掃除、断捨離、好みやセンスが合わずにいたものを軽くチェンジする。

 これも変化をしている事になるのです。

 

 無意識に断捨離掃除をしている方々へ、セッションでお話ししていることですが

引越しや大きな変化がやって来ている前触れだったりします。

 

 それをあえて、自分から変化をつける訳です。

 それも、毎日の掃除も整理整頓も「片付けている自分の内面を感じながら」行うと

小さな変化と力も沸いてきたり、自信になります。

 変わっていく感じが分かるから!ちゃんとそこは感じましょう!(いつもだけど)

 

 

 

 対面個人セッションでは、皆さん他人事のように私の話す内容を聞いています(笑)

まさか、自分がこうなる訳ではない・・・なんて、自分じゃない他人の話を聞くみたいに

ぼ~っとしています。 

 そして、物事大きくとらえ過ぎて怖気づくか信じません(笑)

 それから熟成(味噌・醬油)待ちになるわけです(私が)

このところは宇宙も「待ち」のあり方を変容してきているので(笑)

必要性があるのとないのを検討し、通達してくるというやり方に変えてきました(笑)

 

 私も宇宙によって、しょっちゅう変えられているのですよ。(笑)否応なしに(笑)

個人的な私の変容はもっと大きくエネルギーを廻す(人生を変えるようなエネルギーの錬金)ことが

できるという訓練(経験)になります。

 

 

 

 行動する・変化を起こす・変容変性をする。

 

 その先にはエネルギーを動かす・変容させるパワーと発展するのです。

 

 

 人間の才能や能力は謎に満ち溢れています。

 人は簡単に恐れ、防御反応(エゴ的な行動)をします。

 善きにつけ、悪気につけ、真贋(本当か嘘かを見分ける目)を持つ事が大事です。

 

 それもこれも、行動や経験をして恐れを手放し

真実を見る目を養うことです。それにはエネルギー貯めこんだり、塊にするのではなく

流れと活性化を図る必要があります。

 

 

 

 うふふ、簡単に言えば 動けってことですけど。(笑)

 

 運気や動けない状況の人達へのメッセージでもある、「小さな変化をつける」という事が

現実的に生きている日常にもエネルギーをまわせるんだよ~という事です。

(動けない出来ないと思い込んでる人も含み!)

 

 

 小さなこと細かな部分に、神は宿るのです。

 勝手に大きく物事を捉えているのはあなたです。

 そして、大ごとのように騒いでいるのも貴方です。

 目を覚まして、目の前の小さなことに気が付いて

小さな変化から起こしてください。

 

  終わり(笑)


ハワイ 

 これから違う視点でハワイに向かう方々も増えてくると思います。

もうすでにアクセスが始まり準備が整っている方も。(笑)

 

 実はPearl Harborではお祈りだけではなく、ゲート(新しい)をあけてくるように言われていたのです。

人だけでなく場所の鍵ももっているかよ~と自分の重さにげんなり(正直にいうと)。

でも、平和と愛のために必要な場所であり いつものお仕事のひとつ。

あとは、同じように愛と平和を称える人たちが立候補してくださりお祈りと愛を送るように

導かれていくようです。(皆さんありがとうございます。)

 

 世界のあちこちで新たなゲートが開かれたり、エネルギーを発揮して

マザーアースの次元上昇に伴う新たなエナジーの革命も始まるようです。

 これまでのパワースポットは、人類がキャッチできた部分だけでした。

 これからは新たに神聖さを重んじる人達や選ばれた人達のみが許される場所も出てきます。

 

 

 でも、どこにいても自分が素晴らしいパワースポットでいる必要があります。

 

 

 そこに喜びと楽しみのソースがあることが重要。

 

 

 

 ・・・という事で関係ないけれど、(笑)

 両親の先入観を変えた食いしん坊の娘にお願いされた「Eggs’n Things」(Honolulu)での

画像です。

 以前、ハワイのパンケーキを謳っていた行列のお店で好みではないパンケーキを食べてから

ハワイでパンケーキは食べない!と思っていました。

 

 一口食べてごめんなさい!美味しいです!ハワイのパンケーキはハワイで食べるもの(本場はどこでもでした!)

娘に感謝しながら、もちろんドギーバックに持ち帰りを詰めて(笑)

ワンブロック先のホテルまでスキップして帰るというゲンキンさ(笑)

 固いマインドが変わるのも、最近は癖になっています。(笑)

 

 

 

 

  

 

 

 


もう、素直に

 

今日のお昼過ぎ、「もう、素直に自分を認めたらどうでしょう?」というメッセージがありました。

 

何時もですが、メッセージは普通に自然にやってくるのですが

誰に向けているのかも分かるように「大勢の人の顔」も浮かぶときもあるし

誰かの置かれている状況も同時に感じることもあります。

 

「人の顔」

 視たことも会ったこともない人も多くいます。

 対面したこともない人に感じる愛は、多分その人を愛しているスピリット達ですが

その人がどうであれ、それを感じた私も私なりに何かを展開する訳です。

 

 何度か言っているように「知恵あるものが動く」というガイドからの教えを体現するから(必要)です。

 

 教えられたことを「アレンジ」したり「カスタマイズ」したりするのも「創造性」という愛です。

アレンジしたものは魔法のように作用します。

 

 

 

 「素直に自分を認める」

 「この上ない自己肯定を自分に惜しみなく与える」

 

 

 そういう作業もコソ練のひとつとしてください。

 

 自己肯定のためのアクションも更に加味してください。

 エネルギー倍増です。( ´艸`)

 

 これも自己再構築の『蓄え』なのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お礼・・・

 無事にイベント申し込みも終了し、思いのほか大勢の方のお問い合わせに感謝でいっぱいです。

 ありがとうございます。日曜も頑張ります!!

 

 

 

 

 この数週間、ある場所から御呼ばれされていましたが長いこと渋っていたので

先週のセッションやプライベートで突きつけられるということに直面しました。(よくあること・・)

 

 で、急遽エアーチケットを確保して東京に3日間滞在。

 仕事です。( ;∀;)

 

 

 お礼参りにおいで・・・みたいな感じでしたが

実は数年前に何度か訪れてブログでもご紹介した場所から

逆に「このように澄やかになり感謝申し上げる。」と申されて(笑)怖気づいてしまいました。

 

神さまのサプライズは泣けてきます。

 

澄み切ったエネルギーを感じるために呼ばれるって・・・となんだかダダこねていた自分が恥ずかしくなりました。

 

めんどくさがりな性分なので、毎回ここで学ばないな~と反省。

アクティブに見えるようですが、時に葛藤したりほんとかな~と軽く疑って様子見したりします。

 

メッセージは何でもかんでも受けているわけではありません。

自分のコンディションも重要なポイントなので、心身ともに真面か自分?と確認しつくしてから行動することも多々あります。

 

 

一通り、やることはやって

夜にはイブニングワークで、原レオンさんのワークに参加させていただきました。

相変わらず、お美しいレオンさん。

レオンさんのエネルギーに導かれる「素直さ・正直さ・誠実さ」という素敵な方向性を間近で体験出来て感無量でした。

突然の申し込みでしたが、レオンさんありがとうございました。

 

 

とにかく・・・

何かのように(笑)道先案内人があちこちに待っていた不思議な導きに感謝と驚愕の旅でした。

東京の神々さま、ありがとうございました。

 

 


自由さを追求するなら

 

自由というとわがままをイメージするのが古い概念です。

 

自由=奔放ではないのです。

 

様々な価値観を理解し、尊重したうえで自由な意志で選択行動することが自由さだと思うのです。

 

様々な価値観の理解と尊重は、ほかの人にも考慮したうえでの振る舞いだと思います。

 

自由という主義で周囲に配慮が無い無礼

天然という売りで無神経さが露呈しています。

 

それぞれがそれぞれでいいと思います。

でも、「違い」というもの十分理解が必要です。

 

主義の押し売り

弱さの主張

純粋であっても配慮は必要になってきます。

 

正当性を主張して人からエネルギーを下げたり奪う人もいます。

 

どんなに素晴らしくても相違や合う合わないをよく理解しなければ、行き詰るだけなのです。

 

 

どんなに素晴らしいものでも壁にぶち当たります。

 

その時がフィールドを広げる時、自分の枠を超えるタイミングなのです。

 

その変容がすべての魂に与えられた「本当の自由さ」なのかもしれません。

 

 

自由さを追求するなら、ほかの価値観も尊重してください。

神経質になる必要はありません、ちょっとした配慮をしてください。

ちょっとした思いやりを発揮してください。

 

自由のエネルギーは素晴らしく大きなものです。

でも、自由さは心や意思だと思います。

無礼な行為

無神経な言動

それは自由さではありません。

周りと隔たりを創り、どんどん了見が狭まり保守的なエネルギーとなって息苦しくなります。

 

 

お互いがそれぞれでいいのなら、それぞれが理解し合うことが愛なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


瞬発力です。

さて、週末になりました。

 

様々な行事もありますが、その合間をくぐって自分なりの充電や経験や学びを手に入れてください。

 

これまでは、時間を創って修練のように取り組んできた皆さまは

もう自然な動きで毎日の自分を観察しながら、エネルギーの充電と進化のための努力(あまりガンバってる感無しですが)

を進めていると思います。

 

自分のやるべきことが明確で、自分とコミュニケーションを取りながら自然に行動に移しているという

感じです。

でも今は、風習や慣習など地球上(世間)の流れも歩みつつ、立っている次元が違うので

時空が自分の周りだけ違うように「自分のために時間と空間と経験を手に入れる術」を実感されていると思います。

 

ざっくりいうと、地球にいるけど自分だけ次元が違う生き方をしているという感じでしょう(笑)

 

『合間をくぐって自分のために取り組む』という離れ技が、おぜん立てされたように可能なので

これまで同様、思考が現実化する経験を味わってください。

 

 

 そして、エネルギーが停滞している・滞っている感じがしたら

「与える」か「瞬発力の発揮」か「循環する」という事に取り組んで下さい。

 

 自分の健全な境界線を保ちつつ、思いついたら動くを実践しながら

受け取るエネルギーも与えるエネルギーもきちんと精査して、受け取るか与えるかを決めてください。

 

 

 

 私個人では、スケジュール帳のおもて表紙に

「今年の取り組事や目標」と「リソース・リスト」を記入しています。

 

 もう、記憶力に頼れない(笑)ので書いて目につくことが大事ですし

時にガイドが「思い出させる」ような事柄も浮かんだらリストに随時追加しています。

 

 

 

 肉体的なアプローチでは運動と同じで、筋力もつけてフィットワークを軽くする意識。

 心のアプローチは、リソース・リストや直感をフルに使って瞬発力を獲得してください。

 

 

 むやみやたら動くことから、今は名誉ある行動を意識

もしくは実践していると思います。

 

 さらに、瞬発力を発揮しながら「満たされていく自分」「豊か自分」を実感しましょう!