「 メッセージ 」一覧

ひ~~~久々です。

 

ひぃ~~!!!3月になってしまった!

大変長らくおまたしました!久しぶりの更新です。

方々にお待たせしているような気はしましたが、2月の京都滞在のお仕事の目白押しや

帰宅後の予定通りの業務(プライベート)をこなし、無事に下の子の卒業式も終えまして

今を迎えております。

 

私個人はどこに居ても何時でも意識は、 Be Here Now 通りの時間を過ごさせてもらっています。

 

2月・・どうでしたか?

引き続き3月まで続いている方もいると思います。

「過去」の浄化

「マインド・感情・古い価値観」の浄化です。

 

 

 皆さんがどうであれ、夜間の夢や現実の対話や経験などで自動的に「過去の浄化」は

行われています。

すっかり忘れていたどうでもいい自分の過去も、思い出したくない過去も

もれなく思い出したりして感情が揺さぶられるとおもいます。

 

もう成長した自分にとっては「過去」であり、俯瞰で淡々としている意識の人もいれば

揺さぶられる人もいますし、恐怖だけを想いだす方もいます。

 

 

どっちにしろ、浄化です。

 

淡々と思い出した過去の自分を「いまのじぶん」と対比し

フロウしながら「同じ繰り返しをしない」というさらなる決意をしたり

きちんと自己処理や自分の意見を伝えるというプロセスも必要になるやもしれません。

 

 

 

私の場合は京都でお仕事でしたので、セッションに来られる方の過去を夢で見ていました(笑)

夜も忙しんです(笑)

中には、別の次元でのその人の暮らしぶりも垣間見れて「はて?、この事項をどうやれと・・?」と

夢見ながら皆さんのガイドたちやもろもろの関係者(笑)と調整した事案もありました。

 

 

新しい見解と対処や仕事を提案された2月だったように思います。

 

でも、世間では・・・まだまだ

古いパターンの自分に振り回されている人も多くいます。

これは夢の中でなく、現実の生活で「過去の思考パターン」「過去の行動パターン」をしているという人。

昔の自分にどっぷりと浸かって自分が見えていない人や

昔の自分なので気が付かないフリをしている人もチラホラ見受けられます。

 

 

気が付いている人は、すべてに対処していますし

感情や思考を変えようとしています。同じパターンをしていないのです。

 

明暗くっきりですが、ただ流せばいい事とそうでない事を見極めて

どうか「ご自分に対処してください。」

 

 

何度も言いますが、過去の浄化というだけです。

自分に無視をしないで強い意志で同じ繰り返しはしません・・・と自分に宣言してください。

 

浄化をできる人は浄化やヒーリングにも努めてください。

 

 

 

昔の自分を微笑ましく思うことも大事ですし

全く別次元になった自分の成長を称えることももっと大事です。

 

 

 

ただ、ひたすら俯瞰でいて呼吸(=意識の浄化なんでね)や瞑想で浄化を促し

水分をきちんととって古い自分を肉体のエネルギーとともに洗い流していきましょう。

 

何事もそうですし、次元が上がっている人は承知のすけですが

自分ときちんと向かい合い、浄化対処した人は荷物を手放して軽やかに

次に上昇します。荷物を持ったまま進化はありません。

 

それがあってのグットタイミング!

春分の日には、また新しい自分や新しい人・経験・出会い・チャンスとなるものを

招き入れるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


春が来るまで・・

 

 2月3月の心身の調整があると書きましたが、

「もっと、細かに言えばなんなんでしょう・・」という質問を自分に投げかけてみました。

 

 私の場合、自分の中の宇宙(神性)に向かって質問をするという

風にしています。

 

 外側に答えはないし、外に意識を持って行かないように心がけています。

 外とのバランスを取ることは必須ですが、

ずっと外に同調することが難しくなっているからです。

 

でも、自己ちゅうにならないようにモニタリングは欠かせませんね。(笑)

 

 

 自分さえも手放すと、他者が私という人間を「人として分析、判断」している範囲内での

会話にもズレが出てきますが(笑) そのままでいいを実践するだけです。

 相手の思い込みにも、

こちらが気をつけていかなければなりません。

 人なんですけど(笑)、外側の判断を鵜吞みにしない・・・ということでもあるのです。

 

 

 相手のモードに引き込まれたり、自分の経験でしかない判断での思い込みも共鳴し続けていると

エネルギーのバランスを崩します。

 

 

 

 さて、2月~3月のことですが・・

 自分の固い価値観で自分を縛ったり、その毒(悪しき習性)で自分を害したりもするし

外側のネガティブなエネルギーにも害されたりという「無意識のストレス」を

この期間は知る事になるようなので、心身共に体調不良という結果で表に出るようです。

 

 

 

 

 簡単にいえば、「自分のストレスを知る」という時期です。

 自分が作っているストレス、外的なストレスやプレシャーがなんであるかなど

ストレスが本物であるか(笑)対処するにはどうしたらいいか?(大人の振る舞いをすればいいだけ)

を人生のスキルとして、魂を上げるための自分勝手なお荷物の整理です(笑)

 

 気が付いていないストレスは、「不調」という形で現れます。

 ストレスになっている原因にジャッジすることではありません。

 受け入れて対処をする~という事にエネルギーを使うことです。

 

 外側をジャッジしたり、自分をジャッジし卑下したりとか

そういう次元は終了です。

 あくまで自分の怠けている事や逃げ、無理している事項や価値観の変化の

対応することです。

 

 楽しい春が待ち遠しいけれど、自然と一緒に待ち遠しい自分に芽吹きを

与えるために自分を超えていきましょう~!

 

 

 

 

 

 

 

 


焦らず、丁寧に。

 

 どんどん降り注ぐ光のエネルギーで、やや焦り気味の方が多いような気が・・・

 それにどしどし、波動が上がっている人も良く見かけるので

その人も周りや出会う人も影響を受けて、「なんだか、何かしなきゃ」的なものを

感じているようです。

 

 波動の高い人に会うと、同じ空間に居るだけで同じような波動になります。

 低い波動の人は心地よさを感じるかもしれませんし、自分が高まった感じも経験します。

 でも、長い間いることで自分の波動からこぼれ落ちたものも直視することになり

苦しさを感じることもあります。

 ここでくじけずに、自分を調整して先行く人から謙虚に学ぶことが大事です。

 

 

 小さな焦りに似た感じがあるなら、

とにかく大きな事は出来ないと判断し、目の前の小さなことから始めてください。

 

 大きなエネルギーに触れると、自分も!という反応をするけれど

とても身近な暮らしのやるべきことから処理しましょう。

 

 

 2020年までは身近で小さな変化の積み重ねが大事です。

 

 

 深呼吸したり、身体を整えるようにしたり、片付けや断捨離で自分にとっての大事なものが

何かを再確認したり、学ぶべきことはおおいに学ぶようにしたり・・・

 

 私個人は真剣に朝にコーヒを入れたり、脇腹をストレッチで気持ちよく伸ばしたり

昨日よりありがとうを多く言ったり、コソ練の時に眉間を上げたり(笑)エネルギーを

ぐるぐる大きく(かなり)回してみたり、目が合った人の幸せを祈ったり

いちいち(笑)丁寧の中に身を置くようにしています。

 

 

 

 

 

 ほんとうに身近な目の前のことに取り組みましょう。

 愛を学ぶ宿題のように、感じながらこなして・・・

 

 

 そして、小さくても大事に丁寧に終了まで笑顔でいましょう。

 

 

 

 

 


外に出て世間をみる

 

 自分の今の環境だけだと、思い込みや決めつけという枠にはまりやすい。

 恵まれていようが、豊かでなかろうが、

 自分の魂がここではないと訴えているようなら、

自分のへやから出てみて、見えてこなかった世間や人にも触れることだ。

もっと、丁寧に人と付き合うことに時間と努力(自分との距離や待ち時間)が

必要だと分かる。

 

 自分から抜け出すこと、這い上がる事、手放すことが

今の時代、とても求められている。

 自分で自分を救えること、頼るべきものがなんであるか?の見極め。

 

 ただ選択したこと、流されてきたこと、長いものに巻かれてしまったことは

自分にとって「我慢」の訓練と人とのバランスの学びだったかもしれないし、

自分を信頼して、自分の奥底に眠る才能や能力を自分で再確認するための

序章だったりする。

 

 

 環境のせいにしない。

 

 自分の力で生きられたり、幸せになった人は多くいる。

   今も模索しながら、自分の生き方を追求している途中経過の人も

多くいるし目撃する。

 そういう人は、どう行動すべきかを的確に知っているし

他人のミスを責めたりしない、おおらかに人を赦し悲観的なエネルギーを創らない

努力をする。

 これまで我慢してきたことで機能しないものは

選択肢から取り払い 問題解決になる手段のために考え続け

学び続ける意志もずっともっている。

 

 そして、なにより這い上がってきたからこそ

厳しい部分もありながら、他者を応援することが当たり前と実践している。

 

 

 

 

 嫌だからやめることと機能しないから次に切り替えることは違う。

 最善を尽くした後の選択にも厳しいことがあることも知っている。

 「嫌」とか「嫌い」とか「病める・辞める」とかいうキーワードに

ネガティブさを感じているのなら、本当の正しいにたどりつきにくいだろう。

 

 

 

 圧しすぎ、干渉しすぎ、近すぎて見えなくなった状態で

人をジャッジすることや批判することは、より問題を多く複雑にしている。

 

 外に出て世間をみるとき、

外側からこれまでの自分を見る事もある。

 

 ほかの方法や手段・学びがあったという事実。

 

 

 自分から本気で求めていくと答えもヒントも沢山ある。

 グダグダしている時間も熟成期間、完璧に自分を諦めていることにはならないはず。

 

 

 「自分の人生に主体性と責任をもって生きる」

 それが今の世間では如実に出ている。

 

 

 ちょっとした散歩でも、外に出て世間から自分を見る事がある。

外から見た自分を体験できた主体性の現れなのだ。

 

 

 

 

 

 


自分にリーダーシップをとる。

 

 前職でチームリーダーという役割があり、勤務の時に本日の役割として

任されることがありました。勤続3年以上になるかリーダーシップがとれそうなくらい

成長していれば、容赦なく(笑)業務が回ってきました(笑)

 全体を見る・見れることも重要ですが、判断力対応力も知識以上に

経験値がモノを言うことの方が多かったように思います。

 

 ですが、リーダシップとは?

 内容よりもリーダーの役割の方に意識の追及があり、個人的に

どのような業務でも「あり方」に着目する癖が抜けきれませんでした。

 現場は沢山の考える時間はありません。

 判断決断実践がモノを言うのかもしれませんが「ありかた」で

本日の方向性も経験する内容も決定するのだと、前職でも実感したのです。

 

 

 自分のコンディションやクオリティーで一日がきまるという経験。

 なぜか、緊急が多い人 急変が多い人、平和な勤務になる人など・・・

カルマ以外にその人のあり方や振る舞いで、本日の勤務状況が大元決まる・・・(笑)

 

 大きな学びの時はそれを超えて課題はありますが、

日頃の大切さやクオリティーを高めるためのコソ練が、仕事や活動や運を決めているという

ことを改めて感じたわけです。

 

 引き寄せの法則も類似の法則も、自分次第。

 そして、リーダー次第でチームの方向性も結果も決まる(あたりまえだけど)

 

 

 

 

 

 やるかやらないか

 人生の課題が自分にリーダーシップをとるという人は、

自己選択のクオリティーが上がれば、

更に深みというものを自分の中で造る段階に来ました。

 

 

 集団のリーダにシップよりも自分にリーダーシップをとる方が

遥かに難しいのですが、クオリティーは上げてもらわないと集団的リーダシップの

トラップにハマってしまい、学びの意味がなくなります。

 トラップ・・(笑)優柔不断や傲慢や慢心やワンマンになるということです。

 

 

 自分にリーダーシップを取る課題の魂へメッセージです。

 

 自己決断が速やかになれば、軽やかさは手に入りますが

慢心します。そして周りが見えなくなります。

 人としての器の大きさ深さ、エネルギーの循環(愛の行使)

リーダーシップとしての危機管理能力と行っている行動や行為の変容。

 これを意識してください。

 

 自己のリーダーシップだけでなく、個人事業者も経営者も同じです。

 

 自分をよく見て、自分をマスターし

愛のある振る舞いを心掛ける必要があります。

 

 

 

 変化・変容・変性の時代になっても

自分や自分のパターンを変えないでいると地球上のエネルギーと

アンバランスになります。

 

 

 喜びをもって人のために尽くせるのが「自分にリーダーシップをとる課題」の人です。

 

 厳しい選択も自己愛のために必要なこともあります。

 自分を高め、楽しい選択・喜びの一日を充実させ

愛で自分を満たしながら前進しましょう。

 

 

 

 

 

 

 


自分の甘さ

 

 だいぶ前の記事に「甘え」について宇宙から宿題を貰ったと書きました。

 

 出会う人の心の中で批判ややっかみの声をよく聞くことがあります。

表面的に笑顔で振舞っても、無意識でも、

「こころや魂の声」というのは純粋なエネルギーを発します。

 

 批判ややっかみはどうでもいい事柄。

 では、なぜにねじれる?

 ・・・という奥底をスキューバーダイビングのように

美しい深海を潜って探る訳です。

(笑)(Kさん、このスキューバーダイビングも試してくださいね)

 

 

 セッションをしても頑固な人は、

(恐れで)防御していることもありますし

それ以外のエネルギーも働いていることもあります。

 自信の無さ、信頼の無さ、苦労をした人ほど魂が固くなっている事など・・・

 

 でも、進化するともっと大事なことがあります。

 

 

 

 「自分に対する甘さは、人に甘えを与えることになる。」ということ・・・

自分の甘さで収拾がつかない事も出てきた経験はないでしょうか?

そこを律する必要がある時、惰性というよりは

ちょい逃げや弱点だったりしますね。

 

 言い訳や反発をする次元では理解不能でしょう。

 でも、何度かある壁はこの甘さが原因だったりします。

 

 

 戒めではありません。

 律する手段を得るだけです。

 緩くてぬるい問題は時々、地味に足元を取られたりします。

 

 自分に対する甘さを見つけたら、コソ練しましょう。

 

 時に「NO!」という勇気も必要です。

 今行っていることを大事にしなければならない時、

 何度も繰り返す甘さがある時、

 NOは拒絶のエネルギーで感情的にするのでなく、

思いやりの心でお伝えすることが大事。

 

 

 自分の無理な状況があるのか?

 自分がいつもスルーしてしまうことなのか?

 依存をさせていないか?

 それを律することが、周りに甘えをさせないことになります。

 

 

 嫌われたくない

 気を引きたい

 一方的に自分が我慢しているとき

 いつかわかってくれるの繰り返し・・

 甘さで人を操作する関係より、信頼関係をつくるために

自分自身にも相手にも時間をかけて丁寧に取り組むことが大事です。

厳しいからって逃げられるようなら、自由にさせてあげましょう。

その間に自分のコソ練を!(笑)

 

 

 


エネルギーを感じ、選択するだけです。

 

気が付いたら、2月です。

去年は新暦も旧暦も重なっていて、強烈に太陽とお月様がクリーニングしながら

元気や気力や可能性に向けてのエネルギーを提供してくれました。

朝晩セット…ていう感じでした。

 

 

今年は新暦と旧暦がきちんと間を取っていますが、

なんと!ダブルチャンス・ダブルパンチ、2度おいしい・・・というエネルギーになります。

 

というのは、「光のエネルギー」をダイレクトに頂ける日があり

逆行のように天体の影響と同じような、私たちの魂にダイレクトに光が注がれる日となるわけです。

 

以下の日になりますが、

今年は新暦も旧暦も影響を受けます。

影響の受け方は個人個人違いますが、大事なことは

エネルギーを感じ、どう選択していくか・・・ということです。

 

受け入れて前進する。

 か

あばれるかです。(笑)

 

 

この記事を読んでいる方は、もう受け入れるだけっしょ~とわかってますね。

でもそうでない人の方が多くいますので、影響を受けず自分を高め進化するための

エネルギーに触れたりお勉強をしたり、魂の深いところまで自分を「確信」するように気をつけるだけです。

 

 

光りエネルギーを受けるとどうなるか?

心身の変調も行動・感情(心)の誤作動が起こりやすくなります。

魂の進化している人は、肉体やマインドと魂が分離されたように客観されているので

なぜか冷静です。

そうでない人は内面も外側もあばれる様になっています。

 

バンパイアが光を当たる時のような?感じです。

消滅はしません、浄化なので暖かく見守りましょう。

境界線を引き、自分にとって適切な選択をしましょう。

ぶれたのなら、注意事項が自分にもあり「それは手放すもの」という

確信をし続け宇宙にリリースしましょう。

 

 

 

波動が高くなると、安心安泰・静寂・感謝・愛・心地よさ・自由・誠実・真実のエネルギーに

触れたり、自分の内側や魂がそう感じ共鳴します。

 

 

波動が低いと、イライラ・不安・怒り・嫉妬・悲しみ・苦しみのエネルギーを

発動します。

 

どちらも嘘が無く、表に出やすい状態がこの光りのエネルギーマックスの日です。

 

 

 

ただ症状が出ていて、自分を確認しやすいだけなのでジャッジは必要ありませんね。

気が付いたものが、選択行動をスマートにするだけです。

 

波動の高い人は、利他的になり

低い人は、利己的になるだけです。

 

そして、変容させるか進化し続けるかです。

 

 

 

では、以下の日をポイントに個人差はありますが

前後1週間も要観察です。

前は嵐の前触れのようになります。

後はすっきりしつつも断末魔のような地味でしつこいエネルギーも引きずります。

間合いを距離感を保ち、自分を保持する訓練にもなりますね。

 

 

 

 2月2日

 春分の日(3月20日)

 6月6日

 夏至(6月21日)

 8月8日

 11月11日

 冬至(12月22日)

 12月22日~25日

 

 

 体調が悪くなったらきちんと対応してください、

それでも変調が続くようなら、具合が悪い場所に意識をもって

ガイドにお願いをしてください。光で浄化されているなら苦痛だけは取り除かれます。

光りを吸収する高次元の人たちは、呼吸法や瞑想で取り込むように努めてください。

だんだん、免疫力が付くように慣れてきます(笑)

苦しいけれど、冷静で軽やか・・・みたいな(笑)

そこから、自分が愛の選択をするかしないか(自分の成長と他者の幸せ)を

考察して下さい。

 

 

光りのエネルギーが豪快にやってくるとき(上記の日)

貴方にとって、まとわりつくような苦しみはもう不要なものです。

感情だったり、エゴだったり、古い価値観だったり、古い行動パターンだったり

乗り越える壁だったり、関係性だったり、逃げている要因だったり・・・です。

「成長して不要なものが症状として出ます、手放す決意をしましょう。」

上がる時の状況を知りマスターしましょう。

 

光が当たり、もう脱皮すべきものを確認したらあとは自由です。

 

 

変調で落ち込んだり、卑下しないように

必要な対応を自分にしてあげましょう!

テーマは自分にも愛を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


堂々と・・・

 

 堂々としていなさい。

 

 

 前を見て堂々と・・・

 

 

 芯がブレずに真っすぐ進みたいとしているならば、

己を信じて前進していきなさい。

 

 

 先の期待や不安が頭に浮かんでも、

まわりの喧騒や感情に振り回されそうになっても

 

 他人の責任を負うことは出来ません。

 

 自分の責任しか取れない事実を自分に課して、

素晴らしい時間とエネルギーの創造だけに集中なさい。

 

 

 堂々と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


年末年始のお知らせ

 

 いつになったら、私は落ち着いた大人になるのでしょうか・・・( ;∀;)そんな年末をむかえております。

 すでに来年のモードに引っ張られ、後ろからは何かに追われている感です。(笑)

 

 では、年末年始のお休みのお知らせです。

 

 12月29日~1月5日までお休みとさせていただきます。

 この期間のカードの注文やお問い合わせに関しては6日以降となります。

 

 

 

 今年も濃厚で素早く時間が過ぎましたね、4倍速だといった本人も唖然です。

 来年は意識で丁寧に過ごすことで「ものの本質が見えてきます。」

 ただ動いている、嫌だとか重いとかネガティブな部分に隠れた自分の本質を発見し扱いやすい自分を作りやすくしてくれます。

 

 

 自己再構築は自分を更生したり、強制したりするものではありません。

 これまでの自分を見つめなおし、気が付いたところから「自分らしいやり方」で実践していくということです。

 本当の自分を生きる事の実践です。

 そのためには、自分のすべてを愛することを経験させられます。

 固くなった畑を耕し、肥やしをいれて蓄える・・・それが再構築です。

 

 何か大きくドラマティックにすることは出来ません。

 丁寧に自分を扱い、周りとの違いのすべてを受け入れて自己肯定していくということです。

 ですが、変容しないといけないところは明確に受け止めて真摯に変えることです。

 

 

 

 自己再構築の基本である、呼吸法や瞑想の実践と獲得(日常のあたり前になったらいいですね)

 コソ練も呼吸とともに行うと感覚が研ぎ澄まれ、深い深い何かを手に入れるかもしれませんよ。

 

 

 今年も大変お世話になりました。

 来年も引き続きコソ練や課題はなだれ込んでいくと思いますが、自分に丁寧にされることで

見えなかったものが見えるように、感じれるようになると思います。

 キラッとひかる自分の存在も発見します。

 そのために自分のベースつくりに余念はありません。

 

 素晴らしい年の瀬になります。

 そして、光輝く楽しい新年を両手を広げてお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年の課題とスキル

 

さて、2017年の課題とスキルについて書いてみたいと思います。

 

 

この4~5年(早い人で10年前くらいから)で「自己を知る」という境地までたどり着き、

2016年には個人的価値観や感傷的な断捨離も浄化も進んで行きました。

 

2015年~2016年の年末年始と同様、

今年2016年~2017年の年始年末も区切りが曖昧なまま過ぎていく事になります。

 

 

区切りないように前倒しのエネルギーで2017年も突入する事になるでしょう。

 

 

2017年は「初心に帰る」「素直さ」「信じる心のありかた」などが、リニューアルされたスキルとして

皆さんに身につくことになります。

 

そして、課題は自己再構築である「身近なものやことや人」に加え、「環境」も含まれます。

この環境は「家族」「職場」「家庭(実際暮らしている場所)」「活動の場」に対する働きかけが経験としてやってきます。

 

悶々としながら手に負えなかったことや発言や意見を言わざる負えない状況になります。(スムーズに)

「言える環境が整った」とも捉えますが、リアクションを期待してはいけません。

良くしよう!なんて躍起なっていると失敗します、あくまで個人の意見を感情的にならずに提案できるという学びのチャンスです。

 

そう、エゴなしで発言がどう効果的に働くかを目の当たりにする訳です。

 

 

大きな視野で言えば、

自治体や国レベルでも「自分たちの大事な基盤を自分たちで見直し整えないと未来は危うい」とさえ

やっと自覚と対処にエネルギーが働くことになるのです。

 

 

大勢のひとたちが見えなかった足元にやっと気が付く・・・そんな感じです。

 

 

気が付き学んだ人たちからすれば、ほっとするかもしれません。

あらゆる人種も自国を整える事を他国に委ねることは怠慢だと気が付くのです。

 

人種や宗教や文化や生き方やマイノリティーに対しても、いちいちネットでも批判している人たちは

自己に取り組んでいないと見直しすることになります。(人のことより自分のことを)

ただのやっかみと野暮な事をしているのが、かっこ悪いと思われます。

 

 

 

 

真実を語るには実践していないと、人が付いてはこない事を実感します。

 

 

 

2017年、今一度自分に立ち返り

今、持っているものを大事にしながら初心に帰り 

仕切り直しつつ自立(自律)に向けて形ではなく中身のエネルギーをよりポジティブに変えるということになるのです。

 

 

自給自足

肉体やマインドの自己再構築

創意工夫

新しいアイディアを試す

そういうことも身近な暮らしで大いに実践していく事が大いなる自信につながると思うのです。

 

そして、静かで強固な愛のある自己主張が始まります。

 

やっていることは地味でも、

自分の身のまわりから春の木漏れ日のような温かさを感じる年になりそうです。

 

 

「初心に帰る」

本当の自分を生きることを実践してみることが重要です。

わがままかも・・・と思われていることが本当にそうなのかを再度見直す必要がありますし、

貴方のまわりも地域も国も変容が必要な時に、静かに自己表現・自己主張しながら自分の人生をデザインできることが

大きな影響も安心感も与えるとおもいます。

 

でも、そこに自分勝手な自己中心的な要素があるなら改善が必要になります。

 

添加物のない自分の人生でやりたかった事を初心に戻った気持ちで仕切り直す感じです。

そして、これまで生きてきた環境でも「思い込んでいた部分を手放し、自分のエネルギーを込めて再出発する」感じもあります。

なりたい自分で更に上書きする暮らしとなるでしょう。

 

 

 

 

「素直さ」

素直さはもちろん「学ぶ姿勢」「受け取る姿勢」になるでしょう。

恥ずかしがらずに、抵抗せずに「受け取ってみる」、「やってみる」を実践し続けることです。

この1~2年にセッションを受けた人達にも「挑戦」という形で話しています。

怖がらずにやってみるという経験をしなければなりませんね、私がこの仕事をしてから言い続けていることですけれどね。

 

素直に受け取り、素直に感じたことを客観的にモニタリングして

本当は自分がどう感じているかをもっと深く知ることです。

そうすると、本当の自分を発見しながら方向性も明確になっていくのだと思います。

 

 

 

「信じる心のありかた」

信じる心とは、「自分自身」や「目に見えない存在」に対してのゆるぎない信頼を感じることです。

何を信じていいかわからないというのは、自分に出なく何かに依存している気持ちがあるからではないでしょうか?

自分が「これを信じれる」という感覚を大事にすることです。

貴方個人が選ぶのです。

そして、裏切られてしまうかもしれないけれど「信じたい気持ち」も大事にしてください。

それは愛を与える行為だと私は思います。

 

それを今度は身近な人達やそう親しくない人にも「想う」という行為があれば十分だと思うのです。

丸投げできる人、すべての責任を負う人=信じるというのではありません。

自分が愛を与えるにふさわしいと思えることが素晴らしいのです。

 

信じようと思う気持ちを育むような経験をして行くのだと思います。