「 2016年09月 」一覧

ご感想

 


ダウンロードの経過の記事読みました。
その前の夜、手首に原因不明な成長痛のような痛みを感じて眠れなかったのですが、
記事を読んで、もしかしたら関係があったのかもしれないな、と少し安心しました。

調子が良くない時にちなさんのブログを拝見すると、
そういうことだったのかと思い当たることがあり、
ちなさんのブログには度々感謝しています。

今月は希望が持てないという状態に漂うことがよくあったのですが
これらもまた天気のようなもの、
やることや、やりたいことのリストを作って、
できる時はそれらに沿って動いています。

魂は心(気分)と体が整っている時、感じられやすいので、
これらを整えるのはやっぱりとても大事だなと思っています。

そして黙認という言葉を聞いて思い出したのは、
多くのことを誰かに語らずにやる、というやり方は
私に合っているのかもしれないなということです。

今までは、これをやるんだ!と意気揚々と話す友人などが羨ましかったりしたのですが、
自分の中で陰のパワー、育むパワーを培っていく環境や時間は、
行動にする時の核になるようなことだと思うのです。

この先の10月11月のことも、まったくどうなるのかわからないし、
今もほとんど希望があると言えるような状況ではありませんが、
一つ一つやりながら、自分の様子を見ていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。
 


ブログのご感想


知名さん、

いつもメッセージをありがとうございます。
励まされています。

最近になって、やっと自分と周囲の周波数が噛み合わないことの弊害に気がつきました。

世間の大概の人は、実証可能な真実など求めてはいないのですね! 真実というのは、おおかた 直視した時に強い痛みを伴ったり、耳が痛かったりします。

ほとんどの人は、痛みを伴った真実など求めてはいないのでした。

自分と他人を同一視してしまい、しっかり相手のありのままを見極めて対応しなかった私の脇の甘さだなぁと思いました。

 いつも裏切られた気持ちになるのは、相手を知らなさすぎるから。そして自分自身を知らなさすぎるからです。

真実を求める私はいつも「やめろよ、ブラインド上げるなよ!!部屋の全貌が見えちゃうだろ!!」となじられ、足並みを揃えない協調性のない人と蔑まれるので、

自分を責めていましたが、自分で言うのもなんですが、私ほど協調性のあって他の人の事を真剣に考えている人間もそうはいないのです(いいように利用する為に、相手は絶対そんなこと言わないし、実際気付きもしませんけどね(笑)自分たちが見たいようにしか見ないですから)。

欲しいものを貰える時は、清らかでにこやか風味の人も、自分の鉄板ネタを披露しても私が同情せず、動じない場合は豹変します。

弱者から追ぎに変貌します。

その時のエゴの目は、知名さんもおっしゃる通り、本当に凄まじいものがありますね。

罪悪感で、呑み込んで支配しようとします。その時?あぁ、これがこの人が認められない本性なんだな~。

欲望(パワー)を渇望してる姿なんだな~ 独裁者は自分が「独裁者である」と認識できるほどの客観性がないから独裁者でいられるんだな~″なんてことを考えながら、その人の(友人だったり、家族だったりするんですけど)見つめています。

なぜ私が呑み込まれないかというと、私の方が欲望とパワーの達人だからです(笑)

よっぽど今まで、酷いことをしてきました。だからこそ、光でも闇でもない、その均衡を保っているバランスこそが善ではないのかと思うようになりました。

「私の方が正しい」と言っている人、被害者意識と自己憐憫で相手を憎み、自分を「いい子いい子」している人の固定概念の匂いが臭くてたまらなくなってきました。

人が必要としているのは、自分のことを少しでも意味深く感じさせてくれる(しかも努力なしに)、美しく、心地良い(事実ではない)仮説だと思いました。

だからこそ宗教が成立します。「神は、全ての人の罪を肩代わりして下さいます」も宗教ですが、「私はあなたをこんなに愛しているわよ。

私以上にあなたを愛している人はいないわよ。だって、私があなたを生んだのですから」 も 宗教です。

 

 

 

誤解を恐れずに書くと、歪んだ母子の関係、母親絶対主義は世界の一神教の腐敗とリンクしていると私は思っていますが、

どのような世界であっても美しい仮説と事実を隔てる線はおおかたの場合、目には映りません。

その線は心の目で見るしかないのですが、見えるか見えないかは、その人が立っている次元の違いにもなると思います。

「魂の要素の一部」で知名さんが、書いて下さったことは
私にとって、本当に救いとなりました。
両親” の概念から卒業し、今は「Better Half (魂の片割れ)」の概念からも卒業しようとしています。

更に血が滲みますが、自立して自分独りで統合性を表現できるようになりたいと思いました。

「一緒でなければ、自分は完全ではない」のではなく、「自分独りで完全」であると敬意を持つことができるように。

私はやっと、自分が棲んでいる部屋が、この上なくみすぼらしいものであることを認識することができたぐらいの次元にいます。
勇気を出して光を当てて、やっと中をしっかり覗いてみたら、そこは内側からしかカギのかからない牢獄のようなものでした。

?私の王国を奪わせはしない!″と吠える女王に遠慮して

自主幽閉してきたスノーホワイト(シャーリズ・セロンの女王がめちゃ怖かった映画の方です)だったのだなぁと思います。

”どうか目覚めてください” という言葉。とても嬉しかったです。魂の目的と大いなる統合性を表現できるようになる為に、これから「さよなら」をしたいと思います。

部屋にではなく、そこにいた自分自身に向けた「さよなら」です。

まだ、生でも死でもない「サナギ」の中にいますが頑張っていきます。
(9月20日までは断末魔のしつこさとは本当にその通りでした。

長文でごめんなさい。
でも、他の場所で頑張っている人たちのことも思って書きました。

そして、知名さんいつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 


ご感想

 

<「日常の積み重ね」記事に関する感想>

ご無沙汰をしております。
知名さんが東京で最後の個人セッションを行った時に
伺った者です。異例のキャンセルが出て
私が幸運にあずかりました。

あの時から自分も大分変ったと思います。
あの頃の自分は、ブログのお言葉を借りれば、自爆テロ真っ最中で
全ての感覚を麻痺させ、自分は人の為になっているのだと
自分を正当化していたように思います。

優しい言葉を掛けてもらえると思っていたら、かなり
厳しく怒られました(笑)。びっくりしました。
今思えば、私は気休めを求めていただけで
変わらない自分に対する「他人からのお墨付き」が
聞きたかっただけ。“こんなにやってる自分は偉い”って
褒めてもらいたかっただけ。

傲慢だな~。ご都合主義だな~。依存心強いな~。

知名さんんは、私の甘えには付き合わず
叱って下さいました。本当に愛だな~と思います。
相手の欲しがっているものを渡せば、喜んでもらえるのに
本当に必要なものを与えるんですからね。
(その時は気付かないものでも、自分が嫌われても)

ありがとうと言いたくて、ご連絡致しました。

あれから、住む環境を変え、今は関東にいません。
環境を変えて、自分の心に種を蒔いた人たちとも距離を置き
人物に対する感情の波も起きなくなりました。

でも、種は既に蒔かれています。
何に自分が影響されているのか、しっかり見据えて
日々の小さな洗脳から自分を解き放つことが最後の仕上げとして
とても大事な事なんだと気付いた時に
知名さんが先日のブログを書いて下さいました。
どうもありがとうございました。

とてもとても分かる言葉でした。

絶望の意味を知る者は幸いなり。
真の希望を知るチャンスを与えられたから。
夜明けを迎える可能性にチャレンジでいるから。

知名さんがおっしゃる様に、自分自身を構築し直しているところです。

多分、セッションでお会いすることはもうないと思います。
自分には必要なくなりました。

自分で考えて、自分でフィードバックしていけば良い話ですから。

でも、今後もブログは読ませていただきます。
とても励みになっています。

感謝の気持ちを込めて。
寄せては返す波打ち際で踏ん張って立ちながら
地平線を見つめています。

知名さんも、どうかお元気でいてください。

 

 

 

 

 


ご感想

 

ちなさん

お久しぶりです。2年前に沖縄でセッションを受けたTです。
お元気ですか?

ふとちなさんが浮かび、メッセージを書いています。

久しぶりの日本語で、もしかしたら日記のようなものになるかもしれません。

今、わたしは旅をしています。

行き先を決めず、
アテもなく、
お金もなく(笑)
行く先々で出会った人たちや場所からインスポレーションを受け、
わくわくしたり、こころにひっかかることに進んでいったら、
どこに行くんだろう??
それを見て見たいなと思い実験のような旅にでました。
初海外(笑)

泊めてもらうお礼にhealingやmassageをしたり、
自然農やエゴビレッジで働き、食住を賄い2ヶ月程旅をしています。
あと1ヶ月くらいは旅を続ける予定です。

驚くほど呼吸が楽なこと。
苦手と好きじゃないことの違いを少しわかったこと。
もっと違う空気の国を求め始めたこと。

全てが新しい経験なので、
計画を立てるときと興味は変わっているだろう、と敢えて次の滞在先も行き先も決めずに旅をすることにしましたがこれが大正解。
私の場合、安心のための行き先を決めていたことが
選択の幅を狭め、自分を退屈させていたようでした。

転職や、卒業、人生の節目や変わり目に
もっと沢山「寄り道」をして生きていきたいと思っていて、
お金がなくても、
何歳でも、
語学力に関係なく、
人に応援してもらわなくても、
仕事があってもなくても(全部言い訳にしていたこと笑)

今いる場所や人からふっと離れて
くつろいだり、楽しんだり、試してみたり、
新しい出会いをする。そんな自分の出来たらいいなを
とりあえずやってみています。

動いてみると、
知らなかったシステムも場所も生き方も沢山あって、
自分が使う使わないに関わらず知ることで、
楽になりました。

行きたくなったらGoですね。
合わなくなったら繰り上げて帰って仕切り直せばいいだけのことだし。

切符の買い方や、泊まる場所を探したり、
人に話しをどんどん聞いていったり
まるでドラクエをレベル1から始めているようで楽しいです。

また、お会いするのを楽しみにしています。

Denmarkの某所にて。
 

 

 

 

 


ご感想

 

ちなふじえ様、

おはようございます!
8月29日にセッションしていただきましたWです。
先日はセッションしてくださりありがとうございました!
おととい東京に戻りました。

帰りの沖縄での長距離の運転も無事事故なく守られてほっとしています。

セッションの当日、ドアが開いたとき、ちなさんが歓迎してくださったことが、嬉しくて嬉しくて!
そして再会できたことがただただ嬉しくて嬉しくて、そこから先は何かが振り切れてしまい、

とにかく自分の近況を早口で話しまくり、ちなさんが話そうとしていらっしゃるのにとにかく話し続け、

そして正直に書きますとしっかりじっくりお話をきこうとしていたけれど
気持ちが高ぶっていてところどころお話の内容をしっかり覚えていないような感覚で、 翌日那覇で録音を聞き返し、

「私ったら!私ったら!」と恥ずかしさでいっぱいになり、穴があったら入りたい!と思いました。

そして時間が巻き戻せるならもう一度戻ってもっと落ち着いてセッションを受けるのに!と。


きっとそんな私の状態もちなさんはお見通しだったことと思います
でも今思うとあの扉が開いたときの「きゃー!」となった喜びやそしてセッションの中での笑いと楽しさ、

それを、楽しさや笑いを感じること、そして外に出していくことが今の自分が学んでいくことだなと感じて、

そのことをちなさんが教えてくださったように感じます。

録音をしたものを聴くと、いただいた情報量の多さに驚きました。
具体的なアドバイスをくださったこと、またたくさんのヒントとポイントとともに選択は私自身に委ねてくださったこと、

そして渡米してからのこと、日常心がけること、そしてセッションの最初から最後までの力強い「頑張れ!」のメッセージ!
本当にありがとうございます。
集中して取り組りくみます。

まずは来年、良い報告ができるように頑張ります!

帰りにいただきました紫芋のお菓子もありがとうございました!
宿泊先のホテルでいただきました。甘くてお酒がしっかりきいていて、すごくすごく!美味しかったです!添えられた小さな木のスプーンも可愛いかったです。

まだまだ暑い日が続いております。
お身体ご自愛ください。
ちなさんの1日1日が豊かな豊かな日々でありますようお祈りいたします。