「 2017年01月10日 」一覧

良い悪いではなく、合うか合わないか

 

 「受けて側」が2次元3次元で生きていると、話の理解や広がり、可能性がすべて二者択一になります。

 ジャッジメンタルも、「良い悪い」や「決めつけ」の判断になりがち。

 

 セッションでもブログでも、思考が自分に否定的なワードだと「私のどこがダメ!?」というモードに自動的に反応するので

セッション中は良い悪いの堂々巡りでロスが多くなります。

 最近の脳科学は進歩しているし、心理も新しい切り口で分析されているので左脳で理解したい人には参考になります。

ユニークさにかけるな~とか頑固だと思う方は、スピリテュアルでなくても様々な文献を読んでみてください。

 

 右脳は目に見えない部分での広がりや可能性やパワーの部分で人間の底力や不思議を発見します。

 両方がミックスされるのが一番ですね。

 

 

 私が提唱するものは、良い悪いの判断ではありません(理解しているかたならご存じですね)

 「貴方にふさわしくない」=合っていないという事柄をお伝えしています。

 

 

 自己否定やジャッジメンタル、3次元だけで生きていると

他者の否定的(ととられる・受け取る)なwordに敏感敏感!、対処するためにさてどうするか?という思考に行くまでに

感情の露呈やグダグダに時間とエネルギーをかけて、慣れてくるとそれが逃げや攻撃や責任転嫁(人のせい)というステップに留まります。

さらに、エゴで生きていると「特別感」に終始するアンチスピリテュアルを実践しがちになります。

 

 

 冷静になるまで

 気が付くまで

 目が覚めるまで

 根気強くお付き合いしたいのですが、このスピードの速さでもエネルギーロスは宇宙によって振り分けられたりするので

自分自身で「自分に気づくこと」はとても重要な事なのです。

 どの次元に居ても、自分に気づくことが大事。

 

 

 

 自分に気が付いた人は幸せです。

 

 いまはそれが十二分に沁みるほど実感します。

 

 

 今年から毎年、世代交代の波が次々やってきます。

 冷静さと静寂と平和を求めつつ、自分が自家発電するエネルギーに情熱をもつ若い世代が大人になっていくからです。

 

 

 嘘に振り回されない好い時代になりました。

 

 自分をごまかすと嘘つきのように感じさせます。

 

 

 自分に気づき、正直に生きる事を外にアピールするのではなく

自分自身に向けて淡々と繰り広げていく・・・そんな人生を新しい世代(年齢に関係なく、目覚めた人達)は表現していくのです。

 

 

 

 

 

 良い悪いは2次元3次元の世界です。

 

 

 自分にとってどうか?という視点や感覚に勇気をもってください。

 どこかにアピールしなさいということではないし、誰かに見せるものでもなく

「ただ、そこに居る」という存在を手に入れるだけです。

 

 何かになるのでなく、自分になるだけです。

 なんと無理のない生き方でしょう!

 

 

 

 貴方にとって新しいことも、ある人にとっては古くなっていることもあります。

 

 それでもいいのです、自分に無理なく合うか合わないか?です。

 

 

 自分の成長にごまかしも否定も出来ない・・・正しい努力とあきらめたくない気持ちの4次元の世界を

どうぞ速やかに進まれてください。

 5~7次元に進んでいる人を多く見かけます。

 

 問題を感じさせない(=エネルギーが重くない)

 エゴ的なロスを感じさせない人達もどんどん際立ってきました。

 

 

 

 

 自分を信じ、いさおししながら丁寧に前に進みましょう。