「 2017年01月16日 」一覧

感情論も速やかに精査され流されていきます。

 

数年すれば、進化のない感情論は自然に誰も興味を示さなくなるようです。

 

ネガティブなことで誰かやどこかのエネルギーを奪うような、糧の手段に感情論を持ち込む事も

「そんなのいいからさ~」とさらっと流されてたり、スルーされていくように思います。

 

 

前向きな解決方法を見つける!という意識が無いと、ずっとマインドの上書きは出来ません。

なんだか、楽しくない!と思ったら 良い感じで相手に考える時間と空間を与えるがごとく距離感(ここちのよい)も作らなくっちゃいけません。

 

 

そう、感情は大事な自分の観察ポイントでデトックスでアウトプットかもしれないけれど、

次元が上がってくると感情よりも『愛』の行使に意識と行動が出てくるのです。

 

 

誰かを助けたいなら、まず自分を救うこと。

毎日、自分の感情をモニタリングしながら「愛おしく敬い」

敬うにふさわしい行動パターンを手に入れればいいわけです。

 

本当に学び、手に入れるのはそこじゃないかな~と。

 

 

人生は自分のためにあり、自分を変えるためにあるのだから

他の人の人生に干渉すぎず、ただただ感動や背筋が伸びるような人になるだけなのかもしれませんね。

 

 

 

過剰な感情論も精査されていきます。

 

裏にある思惑やエゴは、先に進めない要素だと

気が付いた人たちは分析ではなく、感性として感じ取り論じるのでなく

さらっと、次の行為や解決策にエネルギーを注ぐようになるでしょう。

 

 

 

大事だけれど、振り回したり溺れたりするための用途では無くなるんだ~と

宇宙の流れを感じながら納得したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何もしないまま終わらせない

 

 

 5次元以上の方はよくわかると思いますし、これは私の思想なので同じでいる必要はありません。(なぜか焦る人がいるので(笑))

 いつのまにか、自分のポリシーになっていました。

 

 

 小さい時から、人生の問題に直面する(苦労という名の経験(笑))と「逃げない」という選択をし続けていました。

負けず嫌いというより、「何もしないまま、終わらせると後で後悔するし また同じことが起こったら困る(対処と克服)」と思っていたからです。

 子供の時は、子供なんで(笑)周りの大人に意見や解決方法を求め続けましたが

しっくりくる満足な答えや結果を得ることが出来ない欲求不満をいつも持ち続け、「答探し」をしていた若人(笑)だったように思い出されます。

 

おかげで今の仕事をしているか、その仕事をするために人生経験をしてきたか・・・だと思い知らされています。

 

 

でも、皆が幸せならなによりさ~と思うことも私の土台でもあります。

そうなると宇宙から使いやすい人かもしれませんし、時代が変わっても周囲に与えるエネルギーを宇宙からもらっているのかもしれません。

それも幸運な事。

 

 

 

・・・となると!

何もしないまま、終わらせないというのを気張ってすることではありません。

あの手この手で解決策を見出す努力をしているという、ゆる~いものです。

 

仕事や活動しながらの手ごたえによっては、「もっといい方法はないか?」「もっとシンプルに出来ないか?」などなど

いつも模索中で、マインドはこういうことで80%占めているのです。

 

 

 

 

どうにかしたい!と言う想いから逃げない・・・というものです。

色々やってみたら、要らない事だったり必要性が無いものだったりという事もわかると

即、断捨離します。

 

 

 

この数年では、何もしないままで終わらせない…がアップデートして

「我慢や事態が変わるまでなにもしない」ということは選択肢に無いな~と置き換えました。

 

 自分の中にある理想の現実にたどり着けるまで、解決策や方法や実践を丁寧に積み重ねるから

ずっと動き続けている訳です。

 願っているだけ、祈っているだけでは宇宙は私に何も運んできません、やってきません。

 

 答えを探して動き回っている状況に悲壮感はありませ~ん!

 沢山ある学びに喜びを感じているからです。

 それが仕事や活動の結果をよりよくすることを経験しているからです。

 

 

 学ぶこと・教えを請う事に恥ずかしさや反発は「受け取る邪魔」になります。

 学ぶことに年齢も恥も気にする必要はありません、逆に歳を重ねていぶし銀になる事だけでも周りに安心と尊敬を生むのだと思うのです。

 

 いやはや、まだまだ途中なので(笑)

ここからコソ練やサイレントの中で内観・内省し 積み上げ続けて自分を楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 これまで様々な人に「苦労人」のレッテルを張られましたが、それも自分の言動や悲壮感がそうさせたのだと

しみじみ反省。

 そんなとき夜明け方 ガイドに大声で言われたことが・・

「よく見なさい、難儀や苦労をしたのではなく ただただやり続けてきた 何かをしてきただけなのだよ。

よく見なさい、何もしなかった人と自分を。

何もしてこなかった人や何もしない人の言動に傷つけられるのでなく、その違いを今まざまざと理解しなさい。

これまで何かを行い続けてきた自分を敬いなさい。

 

難儀も苦労ではなく、

何もしなかったのではなく、

何かをずっとしてきたことに喜びの意識を向けなさい。」

 

 

 

 自分の力で幸せになれる人達は、このハードルの先をもう進んでいるのだからね~