「 2017年12月17日 」一覧

個別化

 話はぶっ飛んで(笑)2028年。

 この頃には、個人個人の才能や脳力も個別化されてよりオリジナリティーを発揮するようになります。

見たこともない世界や職業が出てくるか、表面化してきているでしょう。

五感や脳力に磨きがかかり、より洗練されたものがプロフェッショナルに刺激を与え、満たすようになります。

 

アンチとヒーローの関係性でなく、多次元多様性が認められて、その中でも心地よさや快適さや幸福感(より実践的かつ現実的)が得られるア―ティストが出現していく事になります。

 

感性に妥協できないほど、観衆の感性の方がより洗練されていくので需要にあった供給へと、世間は動き全体のあり方が変わっていきます。

 

感覚から肉体へと目に見えなかったものが形になりやすい時代へと変容していきます。

 

思っているだけ

知っているだけ

分かっているだけ

だけでは形として目に見えづらく、いつも掴みどころがない自分を追いかける状態を繰り返していると、時代が先に進みます。

 

全体に行きわたるには数十年かかりますが、何事も始めておくことが宇宙にとっては見つけやすく、手助けしやすいのです。

 

日々の暮らしは大事です。

でも日常にかまけて、時間稼ぎをしている人たちはこっそりと始めなければなりません。

 

個別化は単なる、区切りや孤立でなく「ニーズ」なのです。

 

「愛のあるニーズ」

 

それを体現してみましょう。