「 2018年06月26日 」一覧

7月対面個人セッションの予約が始まりました。

早々とですが、7月のご予約をうけたまわっています。

 

このところのセッションでは「行きたい時に行かないと後が大変!!」ということが多くなりました。悩みがなくてOKだし、悩んでいてもOKです。

問題になる前に直感やガイドさんが合図をしてくれている感覚にも気づいてくださいね。

 

 

次元が変わった人たちは、悩みや苦しいという感覚も3次元より薄れているのでぼんやりしていたり、違和感はあるけどウヤムヤにしがちのようです。

ハートに従う経験はセッションだけではなく、他のことでも一緒です。

ハートが望むことをしてください。

 

あまりにものんびりしている人がだんだん増えています。

停滞感もありですね。

停滞感を感じていないと危惧していますが、私はどんどん前進中ですから動きがない選択する人の責任までとりません。(笑)大人なんですから、自己選択・自己責任をし人生のスキルをあげてくださいませ。

 

この7月はやりたいことをやりましょ〜!

 

京都セッションも!という方はお知らせの欄からポチッとお申し込みくださいね〜。

 

 

 

 


変化の最中に起こること。

変容の波に乗っている人は、周りで起きている出来事にも魂は静寂なはずです。

でも、客観的に自分を見れてないことも多くあります。

なんたって、周りのスピードやエネルギーは重いのに自分は静かなのにめまぐるしいからです。

そして軽く丸くなりすぎて、脱力感心地よい疲労感に似た錯覚でやや感覚麻痺にもなります。

 

あなた方が変化の最中、一瞬一瞬、毎日毎日次元の変化の波に乗っていることになります。

これは下がることはありませんが、その都度環境も人間関係にもアップデートが必要になって来ます。

これまで、過去数十年のお付き合い(家族や友人、仕事関係)だろが断捨離することになったはずです。

それのもっと細かなバージョンアップが日々行われています。

 

あなたが変容や進化している最中、あなたの身近で大切な人たちも同じではないことに

気づかなければなりません。そこも客観的に冷静に判断が必要になります。

そのための経験がやって来ています。

 

親子であろうが、パートナーであろうが、大切な友人であろうが、個人の決断と選択でその人の「いま」が違うのですから、自分と同じであるという錯覚を時折知らなければなりません。

いまのポジションをですね。

 

イベントでもお話しをした、「間合いと距離感」「境界線」もアップデートしています。

悪くはないけど、良くもない状態は次の次元のレッスンです。

 

良かれと思っても、受け取り手の在り方でネガティブなものになる経験です。

良いものを手渡したことにエゴで取り組む行為をする人は、エゴのモードになっている最中で

彼らの通過点でしかなく、今後も客観的に判断していかなければなりません。

愛の人たちには感謝されるでしょうし、愛の方向へ進んでいくだけなのです。

 

他人のコンディションや生き方の在りように嘆かないで、自分にフォーカスしてください。

 

リアクションや結果がネガティブなことで落ち込む必要はありません。

自分と向き合い、正しい判断と自分を信頼することが大事なのです。

 

 

 

過ぎてしまったことは、あの時に「最善を尽くした」はずなのです。

冷静にみて認めましょう!

これはもっと大きな波や大きな変化がやって来たサインでもあるのです。

 

もし、自分がしてしまったことで落ち込んでいるなら、まずすべきことは・・・

 

 

*「自分はなにを恐れているのか?」それに気づいてください。

そうすると俯瞰で今後の対処を見つけることができると思います。

 

*そして、自分を「許す」ことです。

許しは愛を行使する上で大事な通過儀礼です。

 

 

私はこの恐れを許します。

私はこの恐れを大事に愛します。

私は生きることを許し、私の人生を許します。

 

*そうやって、人間関係における境界線の引き直しと間合いと距離感の新しいアップデートと

やはり自分に集中しすべことを粛々とこなすことです。

そして、余計なことの判断も!!!!

 

で!なにするんでしたっけ!? (笑)自己再構築・コソ練・各個人のリストアップした体験をさくっと進めていってください。

ちなみに何度も言いますが、自己再構築の最中なので結果を気にしたりせずに、積み上げる

肥やしを入れ続けることに終始してくださいね。

 

そして、1日の終わりには必ず「褒める!」

今日もよくやってますよ! そう実感できるように肉体から感じて過ごしてくださいませ。