「 2018年07月05日 」一覧

うまくいかなかったことを「許す。」

6月のセッションでもテーマになった「愛かエゴか」の選択。

 

良かれと思ってやってきた行為、過去の自分の行為が失敗や思い通りにならなかったり

うまくいかない場合は自分の中にある小さなエゴが原因だったりします。

そのことで、自分を追い詰めたり、自分にがっかりしたり、誰かに罪悪感を与えられる行為を感じた場合は「エゴの幻想」から脱却する次の進化「許し」へと切り替える時期でもあるのです。

 

いつまでも過去にこだわるのは、コントロールしようとする行為です。

それを気付かせ、やめさせるために失敗というのはあり

じつは失敗は成功への道のりでもあるのです。

それには自分を省みることができる人でないと先へは進めません。

 

愛があると思った行為でも、行為のアップデートもありますし

成功したらそれを手放して、新しい次元での新たな成功を受け取る必要もあります。

 

失敗から自分を許すという大きなレッスン。

そして、相手もリスペクトし許すレッスン。

お互いが自由になる次元へと6月に変化を手に入れた人は、7月には深く宇宙の愛を実感し

自分を生きるのだと確信しています。

 

本当の自由を得たら、どう生きるか?

それはものすごくハイレベルな感覚に感じるかもしれませんし、途方もない旅に感じ怖気付くかもしれません。

「超感覚」

この言葉が相応しいかと思います。

 

肉体を使って、バーチャルなエネルギーや錬金術をするような感覚も味わってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせとお詫び

 

いつも、ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

メインの🖥の調子がイマイチで携帯アドレスからのメールなども含め、

返信できない状況になっています。

有難いメールへの返信もできずもどかしいのですが、早めのリカバリに努めている最中です。

ご心配をおかけして大変申し訳ありません。

 

ご感想やお問い合わせは、お問い合わせの欄からお申し付けくださると助かります。

 

 


これもしないでください(笑)

 

このところ、よく頂くメールなどにも多くなりましたので追加したいと思います。

 

私のセッションで各個人へお伝えした情報やエネルギーは、手渡した時点で皆さんのものです。

 

「やらなかった」ことをいつまでも私に言ってくる人も話題にしている人も

メールで書いている方も本当に多いのですが、「やらなかった」ことが選択であり、

私個人としては「良い悪い」の二元論の発想はございません。

 

やったのが良いわけでも、やらなかったことが悪いのでもなく、

その選択をしただけ。

やればやっただけ次の扉が開き、やらないなら停滞するか自分と向き合い前向きなら次の選択もあるのです。やらなかったで人生を止めてしまわないようにしましょう。

やってもやらないでも、状況は現在進行形です。

やった方へすすむし、やらなかったらそれに進むだけなんです。

 

 

私はやってもやらないでもどちらでもいいと思います。

自由さはそこにあるのです。

 

ですが、問題は!「やらなかった」「出来なかった」を繰り返したり、いつまでも言い続けたり

他人にも言い続ける行為は自分とその聞いた人の「魂のエネルギーパーフォーマンスを大きく削ぎ落とす行為なのでやめたほうがいいでしょう。」

 

やらなかった。で終わらせて次に進んでください。

やらなかった時点で停滞したり、エネルギーが下がっているのを薄っすら分かっているはずです。

だから、ポジティブな話題にもポジティブなエネルギーにもなっていないことに気づきましょう!

自分にも他人にも言い続けることは呪文や呪いと同じくらいのエネルギーです。

言い訳をしているのか?同情や共感を求めているのか?罪悪感が好きなのか?自分の習慣か癖なのか?

それを見極めて黙って先に進んでください。

 

 

やらなくても、本当はどうしたいのか?をよく自分自身と相談しましょう。

本当はやる必要がなかったかもしれません。

セッションを参考にしたり、人の意見を参考にしたりすることは大事ですが、

もっと重要な「自分」です。

 

 

やらなかった自分・・・

 

じゃあ次は?

そして、じゃあ今どうする?

 

これが前進する人の行為です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これはしない。

これはする、あれはしない。

自身の中でそういう枠を明確にしておくことはとても大事です。

 

以下は以前にも書いたと思います。

魂の品格やエネルギーパフォーマンスをだいぶ激減させる行いです。

魂の進化ではやらない5ヶ条として私はセッションで必要な人にお伝えしています。

 

言い訳やねじれや被害者意識、ラベル張りやレッテル張りの意識の人には機能しないからです。

学びには素直さが大事。

イベントで話した「極端」の一端でもあります。

 

① 周囲の批判をやめる。

(目についたものすべてにおいて、自動的に批判した言動に気づいてください。)

② 自分以外に劣等感を持たない。

③自分以外に優越感も持たない。

(②と③は比較をしている状況に陥っていて、上がったり下がったりの極端にエネルギーを浪費します。)

④誰かに傷つけられたからと言って、恨みを持ったり、長いことクヨクヨしない。

(執着・粘着体質)

⑤ 人のせいにしない。

 

 

次元が上がった人たちはこれをクリアーしながら、さらに「やること」まで実践しています。

 

私たちはネガティブなエネルギーに触れた途端に、魂の疲労を感じ感化されやすくなります。

そのためにデジタルデトックスや瞑想や運動や奉仕などをお勧めしています。

自分に気づいてください。

自分が話している内容をよく聞いてください。

自分の行いで誰かがハッピーになっていますか?もしくは下げている行為はなんでしょう。

 

まったりとエネルギーが停滞している原因でもありますので、自分の今に気づくまで

小さなメモ用紙に書いて目につくところに貼り付けたり、朝晩・もしくは休憩時間に目をとおして確認したりと、やらない五ヶ条を実践してください。

意識や魂のエネルギーが上がってきたら、明るく前が見えてきます。

その後はポジティブで美しいエネルギーに多く触れておきましょう。(元に戻らない工夫です)