「 2018年11月07日 」一覧

立冬です。

(今日の夕方の空も美しかった。)

もう、時間の感覚もおかしいちなです。

みなさんお元気でしょうか?

 

昨日の午後には京都に着き、荷ほどきをしてたら?明日新月だっけ?

だんだんスピードが増しているような・・・と思ったら立冬でもあったのですね。

 

冬さんも駆け足になりそうです。

 

8日は新月。

古い感情や過去のトラウマも思考も価値観も自動的にポロポロと

鱗のように剥がれ落ちていくエネルギーの新月。

脱皮して、新たなつるんとした皮膚が現れてきます。

 

そのとき、変わる自分

自由自在の自分

幸せにコミットする自分を強く願ってください。

 

怖いから・・・という選択は「なにもしない」人生を選択します。

 

成功の反対は失敗でなく、何もしないということなのです。

 

どちらにしろ、自分にはこれが必要だということを遠慮なく宇宙に明確に

リクエストしてくださいね。

 

 

私は引き続き、健康第一安全第一です(笑)

やることはどうせやるんだし、コンディションを整えながら

これからも自分を愉快にやっていきま〜す。

 

 

 

 

 


ご感想

ちなさん

岩手トークイベントでは大変お世話になりました。8年ぶりの再会とても嬉しかったです。

恥ずかしながら喘息が完治しないまま参加し、ご心配掛けさせてしまい反省しています。

次元レベルを上げると喘息の症状が消えますが、症状時の自分の次元レベルでの立ち位置など、イベントでは改めて多くの気付きやエネルギーの流れを体感できてとても勉強になりました。

頂いたメッセージをしっかりと魂に刻み、リニューアルしてまたお会いしたいと思います。

 

 

 

 


楽しく過ごしました。

(つなぎ温泉)・・・効能がすごかった。

 

急遽、予定変更した温泉宿での朝は、「どんど晴れ」でございます。

 

そして、岩手では大きな澄み切った青空が続き、

たくさんのメッセージや愛を感じながら過ごすことができました。

綺麗な赤。

お宿は最高で枕元の目線に時計付きの懐中電灯が用意されて、

「あ、そうか地震あるしね。」と我に帰り、宿内の廊下やスペースには

「安心と安全」がきちんと用意されていて、

人が作る「安心とリラックス」がよりエネルギーをポジティブにしてくれています。

 

良き場所の良きお湯や食事や人々にも、自然が大きく背景にあることに

きちんと前向きで対処していることで、訪れる人たちも癒されるばかりではなく

恐れるばかりでなく、前向きに頑張ろう!と思わせる雰囲気づくりでした。

 

 

恐れに基づく創造ではなく、お客様に愛を創造し体現している場所で

充電できて幸せ者です。

岩手でもまた一つ大人になりました。(笑)

送迎から帰るときまで、ミラクルだと言う言葉を連発していた亭主さまの

ホスピタリティにもクスッと笑顔になりました。

 

午後は盛岡市に戻り、3時のお茶の時間へ。

 

数十年も思い続けていた(思いだけしすぎ)

「光原社」さんへ・・・

しばし、店の前で呆然・・・それは「どのくらい思い続けてこの年よ・・」と自分にツッコミを入れた時間。おもいついても忘れる体現を手放そう・・・と決めた瞬間でもあります。

 

「可否館」のお庭の林檎。

南国のおばさんはこの東北の旅で、柿やリンゴや栗(いがぐり!!)

ブドウの木になる姿に釘付け。

ワクワクが止まらない日々でした。

 

 

じゃじゃ麺も冷麺も、本場で食べる夢(十数年)が叶いました。

 

ありがとう岩手、ありがとうリヒトのあきこさん。感謝です。

 

盛岡万歳。

次は八幡平だ。

と、駅でなにげに目に付いたポスター、宇宙は抜かりありません(笑)

行くよ福島。^^

 

coming soon

 

 

 

 

 

 

 

 


ご感想

ちなさん、岩手でお世話になりましたHと申します。
まさか岩手でお会い出来るなんて・・・夢のようでした。

2時間は、とても内容が濃く、あっという間でした。
学んだ事を日々生かしていけるよう、意識して楽しく過ごして
参りたいと思います。
そして、また再会できる事を心から楽しみにしております。
岩手に来てくださり、本当にありがとうございました!!!

追伸
またいつか岩手に立ち寄られる際、お時間がありましたら
八幡平トレッキングや岩手山溶岩流などをご案内出来たらなぁ・・
考えておりました。
八幡平トレッキングは、登山が苦手な私でも楽々ですので
ジョギングもされているちなさんは、楽しめるコースだと思います
ムーミンたちが居そうな場所で、お気に入りです。

履物は、普段のシューズでも大丈夫です。

それでは、本当に本当にありがとうございました。
またの再会を心待ちにしております。