冬至おめでとうございます。

2016年 冬至 おめでとうございます。

冬至は生きてきて今日まで頑張った蓄積(自身の根底にある、あらゆる愛すべき自分)をお祝いする日だと思います。

自分の根底は闇だったり、土台だったり、経験した重いものだったりするかもしれませんが

その底力(エネルギー)をハートや知性でどう扱うかが、魂の本質になるのです。

時々、浮き上がってくる手に負えない自分をなだめ、愛しみ、愛し、または笑いながら可愛がってあげましょう。

生きてきて、今日になってこの歳になって分かることが多くあります。

来年もまたこの日を迎えますが、

心身共に健康を祝福し

春を迎えるまで自分を丁寧に扱うように心がけましょう。

苦悩や挫折があったから、愛や幸せを再確認できたのです。

失敗があったから、愛のある心を育てられたのです。

闇があるから、光がより愛おしくなるのです。

あえて、自分の暗闇をポジティブ要素と切り替えられるように

自己肯定、限りない自己肯定に見合った人生プランを楽しみましょうね。

愛を込めて

冬至おめでとうございます。