やる事がある・できる事がある

やることがある

できる事がある

そういう喜びを感じ、祝福しましょう。

かっこよくできる

スマートにできる

そういう高い評価のために自分をジャッジしたり、追い込むのでなくて

不貞腐れたり、ひがんだりするエネルギーで「こと」を遂行するより

「させて頂いている」

「その場にいる許可や価値がある」

そういう喜びと感謝をもって、「物事に取り組む」

自分の中でジャッジせず・比較せずに

場や事を与えられている豊かさに幸せを感じる。

そうすると、自分の場や事に集中し「愛」のある姿勢が出来てくるのです。

全てを失い

全てを取り上げられて

人はあらゆるものへありがたみを感じさせられます。

魂のなかでそういうことは承知なはず。

窮地に追い込まれる前に、自分に気が付きリカバリし軌道修正して

自分を誇らしくすることに意識を集中すれば、

「幸せは与えられるモノでなく、感じる事だ」という事が分かるでしょう。

それさえも忘れないように、年の終わり、日々の終日というものがあるのだと思います。

終わりが近づくときを感じ、未来を創るエネルギーとして

途切れない循環が生命。

肉体という賞味期限のなかで、儚いけれど大事なエネルギーは

繊細で美しく感じづらいように、私たちのレッスンとしてあるのだと思います。

日々の中でやれること・できる事がある喜びに感謝しましょう。

そして、次のよろこびと感謝のためにその「事」を見つめ続けましょう。