掻き乱されない

12月の京都セッションからの帰沖時は、上の娘と同じフライトを調整し

一緒にお正月を過ごしています。

その12月中旬には年越しそば(沖縄そば)とお正月の定番中味汁の

下ごしらえをしてからセッションに挑んだため、騒々しい市場や食品売り場ともさよならして、すっきりを年末を迎えることができました。

もう一人の子のリクエストで人生初(笑)クール便で配送をしました(笑)

(地元鉄壁の美味しい沖縄そばの麺『三角屋』さんと4時間かけて作る出汁と中味下ごしらえを配送!)

もう気持ち一大イベント的な感じです。(笑)

 

まあ、無事に下の子に届き友人と沖縄そばで年越しをして

沖縄以外のお正月をエンジョイしているようです。

 自宅では食も変わらず日々同じように気兼ねなく・・・とおもい

フランスから持ち帰ったバゲット(フランスでハーフにしてもらった)

を使ってフレンチトーストを朝ごはんにしました。

やはり、うまし。

~~だからよりも、「自分たちのペースで暮らす」ように気持ちも行動も自然になりつつあります。

なるべく、掻き乱されないように淡々とエネルギーをコントロールしようと実践していれば、これまでどれだけ自分が自分を掻き乱していたか?がよくわかるようになりました。

「~~しなければならない」

少しづつ自分の感性にフィットしない事を手放す作業は時間と労力がかかるものですが、その分それに欠けた時間と労力と学びの大きさを知るだけなのかもしれません。

「すること」と「しないこと」

必要性をよく見極めて実行すると、縛られたものから解放されて

本当の必要なことを見つけることになるのです。

で、それをするために行動する。

常に新しい価値観を身につけながら、本当の自分はこうしたいのだ=自分を思い出す作業。

丁寧に生きるために「自立」と「自由」は本当に基本だね・・と

自分自身に再認識し多のでありました(笑)

まだまだ続くよ、私の進化と成長。(笑)

バゲットは持ち帰り出来ないとか年末年始の定番のあり方もこうあるべきだとか・・他人の言う通りにならず、自分で学んで納得したやり方を実行すること・・掻き乱されないこと・・

自分と相談して自分がやりたいことを失敗してもやってみることが

人生の醍醐味で自信にしかならない(なんでもやってみる好奇心)と

毎日、毎日バゲットのように噛めば噛むほど味わっています(笑)

やっぱり人生は美味しいです。