ギャップを感じる。

このところ、ギャップという経験をよくします。

というか、よく見かけ自覚します。

私自身の噂話もよく耳に入りますし、他人を通してうっかり見せられる(透視)こともあります。

驚くのは、今の自分とのギャップです。

自分の時空間の流れに気が付かないでいると問題も生じます(笑)

変容著しいと、いつまでも同じ対処や行動パターンが上手くいかなくなるからです。

過去というエネルギーで今の自分を知る。(笑)

この記事を見た方々も、過去の話題に終始したり、思い出話をしているかもしれませんし、古い友人や知人、職場の方々とお会いしてギャップを感じるかもしれません。

3次元の考えだと、

ギャップ?優越感のつもり!?なんて思うかもしれませんが、

実はこのギャップに関して無感情に驚く?みたいな感覚です。

『あ、こんなに違うのだな・・違ってきたな。』とか

『感覚的に合わなくなってきたな・・』とか

『ああ~前の自分はこうだったな~』とか

『やっぱり、これまでの進み方で大丈夫何だ‥』とか

『よくここまで成長したな、』とか

しみじみ、進化した自分や成長してきた自分を静かに実感しながら

次の展開や経験や行動を模索するという経験となるのです。

これ(ギャップ)は、「人」に向けた感覚でなく、「自分自身」と「状況」に向けた感覚を言います。

4次元から抜ける時、感情や感傷的になります。

でも5次元のエネルギーに慣れてくると、センチメンタルにもならずに

前を見据えて、もっと自分を磨こうとか役立つ自分を模索し始めます。

無駄に感情や感傷に振り回されなくなるからです。

それに・・・

自分だけの幸せに満足感がないからですね。

自分自身へのギャップを人のうわさ話で気が付くこともあるのです。

昔のあなた、過去の貴方は別人ですし、その時間軸(過去)で噂になっても

何の意味もありません。

私たちは学び、変化をし前進する目線で居ようと意識しているからです。

過去の話題はその時間に留まり、その決めつけ思い込んでしまいますが、

諸行無常、どんどんエネルギ―は流れ、その波に上手く自分を活かせてきた

人たちが静かに変容しているだけになります。

光を放ち、のびのびと美しく楽しく生きようと選択し続けているのです。

貴方の過去を知っている人が、今のあなたをどう見えるでしょうか?

バイブレーションが違うと目の前に居ても、視えない(視覚に入らない・マインドが認識できない)こともあります。

変化してきた自分を知る時、このような経験もあります。

自分を実感し認めてあげてくださいね。