破壊と再生

  努力したこと、それにかけた時間とエネルギーで「安泰」「安定」「完了」と人は思うものです。

  (それに執着していることも気づきません、頑張りすぎると感覚麻痺を起こします)

例えば、本を手放させない・頑張ってきた仕事や家事を手放せない・頑張って得たもの(自分も)が1番だと

思いこみ新しい学びを受けれない思考・言われたことをやったから大丈夫・・・などなど

でも、この変化の時代で「破壊と再生」のエネルギーが起こり、「見直し」を促されます。

自分が思っている「完了」は新しいステージの土台になることもあり〜の、

「安泰」「安定」と思われたことは、ステージが上がるとグラグラした土台へと変化することもあるということ。

変化した、進化しちゃった人たちほど

新陳代謝のサイクルも速くなり、そんな自分の扱いにも恐々としているとおもいます。

自分の意思ではなく強制的に古いものがシャットダウンされたり、(ものがなくなる・壊れる・・)

違和感を覚えたりしながら、古いエネエルギーの断捨離は否応なしに起こってきますね。

古いものを手離したら、新しいものがやってきます。

自動的な変化が起きても気づかずに、恐れや執着、感覚麻痺を起こしていると

モヤモヤイライラ、そして目の前に壁や体にねっとりと重たい荷物を感じたりするでしょう。

そこはハートもマインドもオープンにしておかないと気づきません。

それに、古いのを手放して楽チンになっても、「慣れ親しんだエネルギーの戻る」習性はやめなくちゃなりません。

手放したスペースにまた、同じようなエネルギーで埋めちゃうから麻痺し

元の木阿弥です。

11月まで破壊と再生が起こります

嘘がバレたり、古くなったものが強制的に目の前で変化をさせられるようになったり、

みんなが感覚的に敏感になってきたこの時代で「嘘も違和感も」大事な自分の指針となるのです

良い悪いではなく、自分に合っているか?自分のセンスがOK としているか?と選択させられます。

本音と建て前

嘘と真実

コミュニケーションを正直にすること、言語や文字をうまく表現できること

それが進んでいくと、テレパシーでコミュニケーションする時代へと向かっていきます。

ジャッジもなく

ありのままを感じ、容認し、信じて共存する。

まあ、いつになるかわかりませんが(笑)

今のうちに言葉や文字を大事にして味わってください。

コミュニケーション・対話もせっかくなので、大切な人と大切な言葉で大事に楽しみましょう。

いつも、今が大事。