夜の太陽・昼間の月

夜が明けて太陽が明るく私たちを照らしている間も、お月さまはいます。

夜が更けてお月さまが美しく光り輝き暗闇に光をさすときにも、太陽さんは変わらず光を反射させています。

日々の昼間の営みの最中に、思い出したように傷ついた自分が顔を出したり、

直感的に癒したい部分や気づきや感謝が浮かんで来た時にも「昼間のお月さま」に

「癒し」「許し」「手放す・リリース」をおねがいしましょう。

夜になって思いついたように発見したことがあったり、明日のプランにワクワクするような気持ちになったら、

夜の太陽さんに「わくわく」「喜びいっぱいにします」「楽しくなるぞ」「ご一緒に明るさ倍増!を」

誓いましょう。

太陽に誓い、月に願う。

それは夜でも昼間でも曇りでも大雨や大雪や嵐でさえも、

あなたが気がつけば、そこに太陽が存在し、月も願いを待っております。

気づきがあれば、状況はいくらでも創造できます。

夜でも誓うことができ、昼間も癒しのエネルギーは継続しています。

太陽に誓い、月に願う。

人として生まれたからできることは沢山あります。

できないことをできなかったことをみつけ続けてる間も、

太陽さんもお月さまも誰かさんも、あなたを見守っています。