少しづつ見えてくる新しい方向性

「自分の本心」

「自分の人生」(本当の)

そして、「今の自分のあり様」が薄皮の剥がれるような感覚で皆さんが見えてきているかもしれません。

見えているというのは脳で処理した感覚です。

感覚でわかってき始めていると言った方がよいでしょう。

そして、とても静かに自分と対話して

内なる自分ともうひとりのインナーチャイルド(これまでの自分)も対話を始め

自分の過去の見直し、必要な手直しを検討したり

癒しに入ったり、感情や感傷に浸る大事な時期になったりと

毎日、毎秒、前進しています。

前進はずっとします。

魂は死なないのでずっとです。

でも、停滞したり自分にとって良くない方向でもそのように前進するという

シンプルさがあります。

そう、良い悪いが無いシンプルである事を忘れないでくださいね。

どうもこうも、できない自分の今がある・・・と言う人は

モヤモヤも嫌な自分からもなかなか抜けだけない!ともがいているかたも、

「焦り」から開き直りへ気持ちを切り替えると、

「少しづつ見えてくる新しい方向性」がわかって、ぼんやりとしていても安心感と

愛を感じることができます。

にっちもさっちもいかないときは、開き直る・手放す・任せる・委ねるレッスンでもあります。

自分を信じ、おおいなる存在を信じて「幸せに向かいます自分」を委ねてみましょう。

うふ。