熟練されたからこそ。

「必ず、確かめる。」

私はいくらガイダンスやメッセージを受け取っても、

可能な限り「自分で確認する」しています。

揺るぎないようなメッセージもあります。

でも、すこしでも違和感を感じたら「真実かどうか」を確認するまでは

納得しません。(頑固)

そして、自分の全てを委ねることが出来ない性分だからかもしれません。

確認せずとも、確固たる「真実」もあります。

普遍的なエネルギーというものがそうです。

ガイダンスやメッセージの中に少しでも疑問があれば、何度も確かめるように

やり取りをしたり、熟成期間をおいて「真実なら良き時期にやってくる」ことも

しっているから「待つ」「待ってみる」ということもしてみます。

3次元を大いに活用するため、ちゃんと肉体を通して(五感)感じること

体験してみることが大切。

そのために、真実かどうか「動いて確かめる」と言うことも実践しています。

自分の肉体を通して、魂のフィルターを通すのでより洞察力とエネルギーの変換力にも繋がり、なにか説得力(自分に向けた)にもなるのです。

せっかくなんで、体験する・経験する。

やらないよりはやったほうがいい・・・というのもありますが、経験値からして

もう必要ではない経験も「やらない」という選択、「やらないでみる」という体験も

やったからこその、新たな選択だったりするとそれも実践します。

先日、ノーベル賞を受賞された「本庶 佑」先生の研究する上で大事にされている

6つのCというのを聞いて納得!

今後の12年間でも必要な要素で、エネルギーの流れがどうであれ 揺るぎないものを持ちたい人にも安定を求める人にも、とても大事なことだと感じていたからです。

未来の高齢者・・と言う話もイベントで上がる話題は、このことを話ししたかったのです。

(話したら、止まらないのでね。)

それを耳にしてさらに確信。

確認するために動き回り、五感を駆使して体験するなかで、

共感する確信する場面もあります。

さて、6つのCとは・・・

Curiosity  好奇心

Challenge 挑戦

Concentration 集中

Courage  勇気

Confidence  確信

Continuation  継続

対面個人セッションでも話している内容とリンクしていますが、

charming!であることも追加したいと思います!^^