変化の切れ目

変化の切れ目

 

おはようございます!

ここ数日、秋の気配を感じる風が気持ちよいですね^^

 

そのせいか(笑)昨日はブログをアップしてから、

慌てて(笑)海水浴へと出かけました。

うっかりしていたら、今年も海で泳ぐことを忘れそうだったのです。

やっぱり、楽しく気持ちよい時間でした^^(海水も秋ぽっかた・・)

 

 

 

 

しっかりと「いま」を楽しみましょう。(と自分)

 

 

 

 

 

 

さて、「変化の切れ目」

 

 

 

昨日の記事(新たなサイクル)の流れからですが、

この状況(今年やもしくは2020年も)は、

社会情勢も個人的な問題も

今は、変化の切れ目であると考えてください。

 

 

 

だらだらと先延ばしにしてきた問題

本質から向き合ってこなかった事例

誤魔化してきたこと

本質の見直しや根本的な改革

マインドの在り方の見直し

 

 

 

 

 

 

そういうことが変化の切れ目で「コントラスト」として

目で見て「違い」も出てきました。

 

国も価値観も個人の問題も成長も・・・

 

 

 

お互いのエネルギーの違い。

 

 

変化したこと と 変化していないこと のコントラスト。

変化してきた人 と 変化を避けてきた人

 

 

 

 

 

 

 

 

違うだけなので、良い悪いはありません。

 

 

 

 

 

この温度差に似た違和感をどう分析しようか?

どう新たに対処しようか?とか・・・

 

 

 

 

個人としては・・・

じゃあ、自分はどう生きたいんだ?

 

 

 

 

じゃあ、いつまでそうするんだ?

 

 

・・・違う状況から現状を見せられて、「気づいた」人が自問する期間(チャンス)なのです。

 

 

 

 

 

個人の問題は個人の大事な部分なので、他人がおせっかいに侵入できません。

自分が変えたい・変わりたいと思った時点で、次の行動を開始するだけのシンプルなことなのです。

 

 

 

 

 

自分にめげないで、

自分に諦めないで、

自分の成長のために(=愛)どうしたらいいのか?だけです。

 

 

 

 

 

 

この切れ目では「ジャッジしないことが前提」です。

→ジャッジメントは3次元のレッスンのひとつでしたね。

 

 

 

トークイベントでも話した3次元の意識をしない実践でもあります。

 

 

 

 

 

次元上昇した人たちの意識は3次元にはいません。

多次元の意識で3次元を生きている・経験しているはずです。

(イベントの内容を十分に理解出来ていない方もいますが・・・自己肯定感の低い方ほど気を付けましょう)

 

高みから眺めて3次元を下に見ているのでもありません。

3次元の中で高次元を実践しているのです。

 

 

そして、他人の成長を妨げないように境界線を保ちつつ

自分を輝かせることで周りへ光を当てているのです。

 

 

 

あなたの周りにも、職場にも実践者はいます。

 

 

 

 

 

変化の切れ目では、そんな分かれたコントラストを目撃して

「軌道修正」と捉えましょう。

 

 

 

 

 

次元上昇やら成長や進化というものは、

「恐れ」に基づいた思考や行動から離脱なんです。^^