アイデンティティ クライシス

アイデンティティ クライシス

 

スピリテュアルにおける「identity crisis」は、

古い自分とお別れをして、新しい自分に出会うことです。

それは「苦しかった生き方」から覚醒し、「自分を見つめ直して」

「自分らしさ」を追求し始めた頃に起こります。

 

もう、過去の自分を思い出せない人もいますし、

まったく別人になった人もいます。

「生きながら生まれ変わる」体験として自己崩壊を経験する人もいます。

 

 

この10年の間にその体験し、2020年に向けて準備が整った状態にした人たちです。

 

 

今後もそういうプロセスを歩む人は出てくると思います。

自己喪失・自己崩壊とも言われるidentitycrisisは、様々な場面で起こります。

大きな事故や大病、臨死体験でも起こります。

そうでなくても、徐々に自覚しながら目覚める人たちは上記のように

ドラマティックに起こるのではありません。

・自分に正直になること

・自分の本音を整理する

・それを恐れず外へ表現していくこと(try &error)

・周りも自分も思い込みが取れて現実が変わる

 

このプロセスで、学びが何だったのか?

自分の成長のために必要なことは何だろう?

今後の人生にどんな意味を意義をもたらすのだろうか?を経験しなくはいけません。

ジャッジする暇もなく、

「自分の人生の大道」を生きていきます。

(なので、人のかまっている時間はないと実感)

 

 

 

 

 

Identitycrisisを通過した人たちは、「神聖な自分」を今後経験していきます。

自分を自覚し

自分の状態をわかって

意義のある人生を模索していきます。

 

その中で、自分のスピリテュアルな能力や才能を発見・開花させていくのです。

 

 

 

 

思い込みではなく、あなたに出会う人たち

身近な人たちがハッピーであることが「自在」の人のありかたなのです。

 

自己陶酔

自己満足

欺瞞にならないように釘を刺されることもあるかと思いますが、

それが起こる前に気付いている

自分の状態を知っていて、常に軌道修正している人達なので(笑)

何も心配はありませんが^^

 

 

自分にかける時間とエネルギー

自分のバランスポイントを大切にして今後の10年もお進みください。

 

 

良きタイミングで

「愛しいあなたをあなたが感じながら、神聖さに深みが増すでしょう。」

 

 

 

うふふ、楽しみです。