断ってみた。(たってみた)

NO IMAGE

ここ1年半前から、あることをやめてみた。

 

それはヘルシーだし、他人にも勧められることだったし

なんたって、10年以上もやってきた私にとって大切な「こと」。

 

それを一生懸命やってきたのに「制限」を感じ、それを甘えと無視して続けつつも

試行錯誤、あの手この手で模索していたら

だんだん、イラつきとモヤモヤと「動き辛さ」で爆発寸前!

 

 

はっきりしない時は、距離を置く。

もしくは「断つ」ことをしてみるので、それを実行してみた。

 

 

 

自分が今何をしているか?

どういう状況かさえわからなくなるなら、

その「すべてを辞めてみる」ことも勇気がいるけれど大事な事。

 

自分の感覚を信じ辞めてみる。

 

 

 

1年半かかってわかった事は山ほどある。

 

一言で言えば本当に辞めて良かった。

自分を作り直している最中だけれど、大きな収穫は「美しさ」と「しなやかさ」

「誠実さ」を体感していることだ。

 

今後は整い次第、宇宙に向かって数千年のエネルギーにピリオドを打ちたい。

そして、違う次元で1から始めるかもしれないし

やらないと再確認するかもしれない。

 

そして答えがわかるまで

「ヘルシーなことなのに、美しくないのはなぜか?」

いま、それを観察中(もう答えは知っているけれど^^)

 

 

 

 

一旦、「型」にはまり尽くしてから「壊す」作業は、変容や改革のエネルギーのある

わたしができる事でもあるけれど、臨機応変・創意工夫も含め

新しい時代への風穴になるなら喜んでしようと思っている。

 

 

 

 

本当に進めべき道はとてもスムーズ!

逆に、引っかかったりもつれたりモヤモヤした違和感に時は、起動修正だ!

 

 

いつもそこは気をつけるようにしている。

 

?あれ?何これ?っという時を見逃さず、自分を探求することで

大きな脱皮と答えが待っている。

 

 

自分のストレスや違和感をほっておいてしまっては、自分を愛することにはならない。

たとえ、自分が間違っているかもしれなくても

自分を探求し続けると、「新しい道が開拓される」のだ。

 

 

そして、それがきっと誰かの役に立つのだから。